ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エコギア・アジ職人アジマストはアジングにおけるオールラウンダー

エコギア・アジ職人アジマストといえば、非常にオールラウンドな性能であらゆるシチュエーションに対応してくれるワーム。

先日配信した、エコギアプロスタッフの成田昌克さんによる実釣動画でも活躍してくれています。

動画に出てくるワームはもちろんアジマストだけではないのですが、そのあたりは動画を見ていただくとして、今回はアジマストについてご紹介!

オールラウンドなアジマスト

成田さんにとってアジマストはまさにアジにマストな存在で、さまざまな誘いをこなせる平均点が非常に高いワームだという。

リトリーブではボディとテールのリブがアジの好む微波動を生み、極細のピンテールがチラチラとアピール。

またボディとテールの間にあるリング状のリブは、その細いテールと相まってアジの口に入った時に違和感なく折れ曲がりフッキングが高確率。実は小さなアジでもよく掛かります。

そしてボディ断面は円ではなく若干扁平。これによってフォール時は水を受けると若干スライドしながら落ち、その絶妙なフォール加減もアジには効果的なんだとか。

もちろんエコギアならではの味とニオイもバイトをより深いものとしてくれます!

3つのサイズの基本的なセレクト

基本的には動かして誘って食わせるが、味とニオイで結構放置気味で食ってくることもあるのだとか

巻いてよし、動かしてよしのアジマスト。成田さんは、特に「動かす」釣り、自分からアクションをかける釣りでの使用が多いのだそう。

1.6、2、2.4インチと3種のサイズの中、パイロット的には2インチ。

これで活性が高い時は効率よく見つけてもらうために2.4インチ。逆に小さなエサを捕食している時は1.6インチというのが基本線。

もちろん、これはあくまで基本で、明らかにワームサイズで選んできているような時はハマっているサイズを用いるそうですよ。

エコギア公式アジ職人アジマスト詳細ページはこちら

サーフアジングについてもチェック

【穴場!?サーフアジング】エコギア成田昌克に聞いた「どんなサーフがいいの?」「どんな攻め方がいいの?」

エコギア(ECOGEAR)

エコギアはソルトのソフトルアーを中心に開発を手掛けるブランド。ソルトルアー黎明期から味とニオイ付きのワームシリーズを輩出、グラスミノーやパワーシャッドなどは超ロングランヒットを続けている。またブランド名にある通り、環境にやさしいワーム開発にも注力し、エコギア熟成アクアシリーズなどを展開、環境にやさしく、かつ実釣力の高さから多くのアングラーから支持を集めている。