ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今年の和歌山はちょっとオカしい!?厳しい中でのこの秋初キロアップ

連載:池内修次の毎日イカ曜日♪

皆さん、こんにちは。デュエルの池内です。

今週も、アオリイカ情報はもちろんのこと、デュエル &ヨーヅリ、ゼスタなどの最新情報をお伝えしたいと思いますのでよろしくお願いします!

今年はイカ情報が少ない和歌山

さて今週のイカ曜日。先日、和歌山県の情報が全然ない中で、新作アイテムを引き連れての釣行の様子をお伝えいたします。

毎年なら和歌山の情報がSNSなどでもバンバン上がっていないといけないのですが、今年の海は何かおかしい(涙)。

やはり自分で体験してみないことには始まらないってことで…。

和歌山県は串本界隈をランガンすることに。

当日は本当に寒い雨の降るなかでの釣行で、同行の釣り仲間も気合十分で頑張ってくれました。

厳しい中の価値ある1パイ

磯歩きすること20分で目指すポイントに到着。早速個々に思うポイントに散らばりキャストし始めるも誰一人釣れない…。

朝マヅメがどんどん過ぎていき、私の立ち位置の潮はあるのですがイカっ気が全く感じられず、5投ほどで反対側にポイント移動してキャスト!

シャローポイントってこともありボトムを意識した釣りはせず、中層を絶えず泳ぐエビのごとくパタパタくんラトルを漂わせると「ゴンッ」って魚みたいなアタリ。

素早くアワせるも乗らず、ここでフォローのシャクリを入れテンションをかけてスローにフォールさせると再び「ゴンッ」。

今度こそフルフッキングし見事にキャッチ成功しました。

それほど大きくはありませんが、400gくらいでしょうか?

この時に使っていたのがDUEL ez-Qキャスト喰わせ3.5号(カラーはブルー夜光マーブルピンク)になります。

その後このポイントではアタリりはあるのですが小さな個体がエギにちょっかいを出してきて乗らない状態のため、ポイント移動することに。

かなりの大移動をしてからの磯歩きは30分…。

ポイントに着き早速キャストを始めるがここでもイカからの反応が渋い。

そんな中、シャローの沈み根についていたと思われる小さめの小イカちゃんを連発でゲットしてノリノリな足立さん。

その後もランガンで、この時期ならではの500gくらいのアオリイカを釣り竿頭を取って行ったのは内緒の話。

もちろん同行者の伊藤くん、仙波さんもコンスタントに釣ってはいましたが「コレ!」って言う決め手がなく、夕方前にビッグワンが出そうなエリアに移動。

 

天気が天気だったので先客はおらず、みんなで夕マヅメを狙うことに。

どんどんどんどん暗くなっていき海の雰囲気は最高潮に達しようとしているときに、私の立っているポジションは外海からのアテ潮(汗)。

シャクったエギがどんどん近づいてくる潮に悩んでいたら、急に潮が左にいきだした。

これはチャンスと思いジックリとエギを見せるように中層より少し下をトレースしてくると「ゴンッ!」って竿に伝わる感触がありすぐさまロッドをアワせる。

気持ちのいいドラグ音、そしてプロトロッドの曲がりを楽しみながら寄せてくると、この時期にしては大きめの、しかもこの秋初のキロアップを捕獲成功しました。

使ったエギは、DUELのパタパタくんでお馴染みのez-Qキャストラトル3.5号のカラーはモンスターマスター。

やはりイイ仕事をしてくれます。

その日はそれで納竿し、翌日は朝イチから違うポイントをランガンするもいまいちイカからの反応が良くない。

昨日の様子から、シャローエリアが熱いのではと思い、私一人だけシャローエリアを次々とランガンするスタイルで探っていくと、それが見事に的中!

立て続けに400g、300g、300g、100gと連発。

気持ちよく釣りができました。

その後もう一カ所行き頑張りましたがイカさんは微笑んでくれず。しかし、同行者の坂口くんにまずまずのアオリイカがヒット。

暗くなってきたので納竿して帰路につきました。

これからが楽しくなってくる和歌山県は南紀エリア。

みなさんもライフベスト、磯靴など安全面には充分過ぎるほど注意をして釣行してみてはいかがですか?

では、また来週のイカ曜日もお楽しみにね〜!

タックルデータ

ロッド アサルトジェット82MLリアクトドリフター(ゼスタ)、アサルトジェットプロト(ゼスタ)

リール 19セルテートLT2500-H、18イグジスト LT 2500S-C(ダイワ)、ハンドルWING92フィーノ+ノブ(リブレ)

ライン デュエルX8プロエギング0.6号、ハードコア アーマードF+ 0.6号(デュエル)

リーダー ハードコアエギングリーダー 2.5号(デュエル)

エギ EZ-Q キャスト喰わせ3.5号(デュエル)、EZ-Qキャストプラス3.5号(デュエル)、EZ-Qキャストラトル3.5号(デュエル)

ほか、ダイワゲームベスト、ストリームトレイル防水バッグ33L

池内 修次 (Shuji Ikeuchi) プロフィール

デュエルプロスタッフで、エギング界のスペシャリストの1人。エギング釣行回数は年間150日以上。 中層エギングをメインに多彩なシャクリパターンを使いこなし、両眼2.0というおっそろしいまでの視力でサイトフィッシングも得意とする、笑顔がステキな寝ても覚めてもエギング! なアツいオトコ。 WEB動画番組「スマイルエギング」にも出演中 https://www.youtube.com/watch?v=fXWFLBamzkQ https://www.lurenewsr.com/32671/