ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【東京湾シーバスのエキスパート西田 学】狙いは80~90cm!初冬の”ゴン太”ランカー磯マル攻略

寄稿:西田 学

こんにちは! サンラインソルトテスター、神奈川県在住の西田学です。

全国的にもシーバスフィッシング秋全盛と言える10月を越え、暦の上では冬の始まりと言われる11月に入りましたね。

現在関東近郊エリアにおいても、河川や干潟、サーフなど、あちらこちらで好釣果の噂が飛び交っていますが、これから水温の低下に伴い、徐々に冬の釣りへと移行していく季節でもあります。

 

今回は、私が慣れ親しんだ東京湾における、晩秋から初冬にかけて盛り上がる“ランカー狙いの磯マルゲーム”を紹介させて貰います。

西田 学(Nishida Gaku) プロフィール

三浦半島の磯マルやヒラ、盤洲干潟のウェーディングを得意とする神奈川県在住のシーバスアングラー。 自らの足と経験でシーバスを探していくスタイルで、情報に頼らない実力派。

 

東京湾南部エリア/晩秋から始まる大型狙いの磯マルゲーム

“磯マルゲーム”とは、文字通り、磯周りに回遊、居着くマルスズキを狙ったゲームを呼称するもので、東京湾内では、千葉県の内房,南房、神奈川県では横須賀、三浦の磯が該当します。

特に水温が落ち、鱸の産卵期を迎える晩秋から初冬季には80~90cmのゴン太いのが狙えるようになるため、メモリアルな1本との出会いを求めて夜な夜な海へと繰り出すアングラーで賑わいをみせるのです。

 

“磯”というと、タフな条件下のハードな釣りをイメージされるかも知れませんが、今回ご紹介するのは、水の流れを強く意識した回遊待ちの釣り。ウェーダーやライジャケといった最低限の装備は必要になりますが、磯というシュチュエーションの中では割と安全に、経験の薄いアングラーでもエントリーしやすい釣りと言えるでしょう。

 

キーワードは水の流れ

東京湾の水の出入口となる三浦半島は潮の流れが速い事でも知られ、特段沖に突き出した岬や漁港、ワンドの出入口付近の小磯周りや岩礁帯はより潮通しがよく、ショアラインにおいても時に川のような流れが出ます。

 

この流れによる規則性あるベイトの動きを求めて鱸は回遊するため、いかに良い水の流れを掴むかが、良い釣りに出会えるかどうかの焦点になるわけです。

単純な流れの強弱も大切ですが、さらに一歩前進した視点として、定点だけの観察ではなく、周囲のポイントと比較した上で、流れの強弱や変化のタイミング、そのズレを掴めてくると、よりゲーム性高く釣りを楽しむことが出来るようになります。

足繁く通いこみ、常に状況観察しながら、結果と結び付けつつ長期で考察してみて下さい。

 

ルアーセレクトと狙い方について

流れの釣りは、基本的に沖目により強い流れが出て、その流れにコンディションよいサカナが回ることが多く、まずは飛距離を出せるミノーやシンペンを中心に揃えたいところ。

 

活性が高くイージーな日には、ひたすら飛ばしてドリフト気味に流すことでヒット数を稼げるのですが、誰しもそうそういい日に当たることも多くないはず。

反応が得られない場面ほど、着き場に対する捕食範囲をすこぶる狭く意識し、岩礁帯のスリットや海藻帯に着くターゲットの鼻っ面を通すイメージで攻めたいところ。渋い1日に、如何にして1本獲るかが勝負の別れどころになるのです。

私が使用するルアーは、imaのアイボーン118Fshallow、コスケ130F、ヨイチ99、ハニートラップ95S等が実績十分で、これらを先の遠投性や狙うレンジによって使い分けています。

 

また、この秋にNEWリリースとなるサスケ裂空120Fの性能は、恐らくこの釣りにばっちりハマると思われ、上記ラインナップに加え、エース級の活躍を期待しています。

 

流れの釣りはキャリアハイ6にお任せ!

飛距離と流れを感じることがキーになるこの釣りにおいて、サンラインの6本組のPEラインキャリアハイ6との相性は抜群です。

サンライン公式「ソルティメイト キャリアハイ6」詳細ページはこちら

ストレスなくルアーを飛ばしつつも、僅かに残したザラツキ感が流れの強弱をしっかりと伝えてくれるため、狙いどこや熱いタイミングをしっかりと把握して打てることは、回遊待ちの釣りにはとても心強いものです。主力としては1.2号を使用。産卵絡みのデップリボデー90upを相手に回しても、強度的には全く問題なし。飛距離と強度を秤に掛けて、1号や1.5号の選択もお好みで。

リーダーについてはフロロ素材のカットインをお勧めします。

サンライン公式「ソルティメイト カットイン」詳細ページはこちら

遠距離のヒットも多いこの釣りにおいて、感度は重要な要素。ヒット時のフッキングや、手元に伝わる情報感度は、少しでも高いに越したことはありません。また鱸は根に走るサカナではないとはいえ、立ち位置の周辺にはやはり多数の根が点在しています。耐摩耗に優れる点でもフロロが安心ですね。

 

年を締めるに相応しい1本を!

少し気が早いですが、今年も残すとこ2ヵ月を切っていますからね。年を締めくくる納得の1本を狙っていくには、いまから動いても決して早くはないでしょう。

徐々に冬めいてくるこの季節ですが、皆さんも安全、体調に気を配りつつ、いい釣りに巡り合えることを祈っております!でわでわ。

 

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!

ソルティメイト(SaltiMate)

ソルティメイトはサンラインのソルトウォーターゲーム専用ラインブランド。あらゆるSWゲームフィッシュ用のPE、フロロ、リーダーなどをラインナップ。エギング用の「PEエギULT」シリーズ、ライトゲーム用の「スモールゲーム」や「鯵の糸」シリーズ、ジギング用の「PEジガー」など人気アイテムがズラリ!