ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ディープトレーサー TG】冬にビッグベイトやプラグをディープで引ける特殊構造シンカーを紹介

季節柄、リザーバーなどではディープに落ちだすバスが増えてくる時期。

そんな時期にオススメしたいアイテムなのが、コレ!

ディープトレーサー TG【リューギ】

このディープトレーサー TGは、ビッグベイトやプラグをディープに沈めてトレースすることができる特殊なシンカー。

こんな感じのアイテムです。

リューギ公式「ディープトレーサー TG」詳細ページはこちら

 

かなりシンプルな見た目のアイテムなんですが、機能性はバツグンなアイテムなんです。

それでは、「ディープトレーサー TG」の特長を見ていきましょう。

 

ビッグベイトやプラグをセットするだけ!簡単にセッティングできます

まずはどんな感じでセットして使うのか? というと、こんな感じ!

分かりやすいですよね

 

 

デイ―プトレーサーTG誕生秘話

元々はハードルアーをもっとディープで使いたいということで、ヘビーキャロライナリグでディープまで沈めていたことが事の発端だそう。

ただ、実際にヘビーキャロライナリグだと根掛かりが多かったり、キャストがしにくいなど使いにくく、色々と改良していき、最終的にこの「ディープトレーサー TG」が誕生したとのこと。

 

スナッグレス性能が高い

ディープトレーサー TGの特長はスナッグレス性にとても優れているというトコロ。
というのもバンパーがルアーより先に障害物へコンタクトし、シンカーも固定されているので、障害物に挟まりにくく根掛りが少ないんです。

 

アッパーアームやアイにもコダワリが

アッパーアームに関しては、キャストがしやすく、パーツがルアーに干渉しない絶妙な長さに設計。

ラインを結ぶ側のアイには、スイベルが搭載されているので、糸ヨレとラインがワイヤーの間に入りこむことが抑えられ、ルアーに結ぶ方のアイは、なるべく接触部分は余分に動かないように設定、シンカーとルアーの干渉を防ぎます。

 

プラグの動きやキャスト性能を損なわずに、スナッグレス性能を維持したまま、ワームや大型クランクベイトなどでしか到達出来なかったディープにプラグを送り込めるようになったということ。

 

ディープトレーサーTGの使用法

使い方は、キャストしてボトムまで沈めてから、タダ巻きやストップ&ゴーで障害物にコンタクトさせながら使うことがキモ。

障害物に当たったタイミングや、フォールからの巻き始め、回収時にバイトが多いので、集中してトレースしてくださいね。

出典:リューギ公式「ディープトレーサー TG」詳細ページ

 

サイズバリエーション

このディープトレーサーTGの特長として、記者的にかなりうれしかったのは、異常なほどウエイトのバリエーションが豊富なこと。
そのバリエは何と11種類!
なんでこんなに豊富なバリエになっているのか?というと、その理由は小型から大型まで幅広いプラグに対応するためと、シャローからディープまで色々な深さに対応するためとのこと。
アングラーにとってうれしいですよね。

海でも使いたいかも!

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

入数 WEIGHT 1/8oz
(3.5g)
3/16oz
(5g)
1/4oz
(7g)
3/8oz
(10g)
1/2oz
(14g)
5/8oz
(17.5g)
3/4oz
(21g)
1oz
(28g)
1.25oz
(35g)
1.5oz
(42g)
2oz
(56g)
1 本体価格 ¥750 ¥750 ¥800 ¥850 ¥950 ¥1,050 ¥1,150 ¥1,300 ¥1,500 ¥1,700 ¥1,980

 

解説動画&実釣動画も是非チェック!

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

 

いかがですか? これからの時期のディープ攻めにぜひ!

リューギ(RYUGI)

兵庫県丹波市を拠点に、バスフィッシング用フックを中心とし、シンカーや特殊リグパーツほか様々なバス釣りアイテムを輩出しているメーカー。