ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【基本性能を徹底追求】ケイテックが手掛ける新作スピナーベイト「TEE-BONE スピナーベイト」に注目!

確かな性能、緻密なモノ作りで多くのバサーから人気の老舗ルアーブランド「ケイテック」。

これまで数々のヒットルアーを生み出してきたケイテックから、新作スピナーベイトがデビュー。

 

TEE-BONE スピナーベイト

”ウィードレスなサーチベイト”というスピナーベイトの基本性能を追求して開発されたのが「TEE-BONE スピナーベイト」。

良く飛び、良く動き、良く掛かる。という3つの性能を重視したスタンダードスピナーベイトです。

ウエイト ブレードタイプ カラー 参考価格
3/8oz、1/2oz タンデムウィロー、ダブルウィロー 7色 980円

ケイテック公式「TEE-BONE スピナーベイト」詳細ページはこちら

 

基本性能を丁寧に紡いだ「TEE-BONE スピナーベイト」の特長に注目!

では、早速気になる特長を紹介していきたいと思います。

 

スイム姿勢を水平に保持する”ヘッド”

最も注目するべき箇所はヘッド。名前の由来にもなっている通り、T字型断面のヘッド形状を採用。

この形状によりリトリーブ中に、ヘッド下部のエグレが水を受けてスイム姿勢を水平に保持。また、ヘッドに横幅を持たせたことで針先が障害物にコンタクトすることも防ぎます。

よって、泳ぎが安定して根掛かりや障害物へのコンタクトを避けつつ、バスがバイトしてきた時はシッカリフッキングが決まります。

 

僅かな水流でも動くブレード

ブレードは僅かな水流でも水を掴んで回転。着水した瞬間からピックアップまでアピールし続けます。

ソフトベイトで培った“釣れるルアーの基本”をスピナーベイトにも導入され、切れ藻やゴミがブレードの回転を邪魔しないように、フロントブレードに特殊なビーズ「コーンヘッド・ウィードガード(意匠登録済)」が装着されています。

 

良く刺さりバレにくいフックを標準装備

フックは、フッキングが良くてバレにくい、釣り針メーカーでお馴染み「カツイチ」が手掛ける純国産オリジナルスプロートベントフックを採用。

ワームキーパーはキャスタビリティーの向上と水中での水平姿勢保持を両立。長めの設計で下方重心の拘りのデザインに。

また、ウエイトも表記されています。

 

ブレードタイプは2種類

ブレードタイプはタンデムウィローとダブルウィローの2種類がラインナップ。水質やバスの活性に応じて使い分けるのも楽しそうですよね。

出典:ケイテック公式「TEE-BONE スピナーベイト」詳細ページ

カラーは全7色がラインナップ!

カラーも濁りに強そうなタイプから、クリア系まで。豊富に揃っていますよ!

出典:ケイテック公式「TEE-BONE スピナーベイト」詳細ページ

 

是非、初めて訪れるフィールドや広いエリアを探る時に「TEE-BONE スピナーベイト」を投入してみてはいかがでしょうか?