ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【小魚が多い時に激効き】加木屋守(マーモ)がジャッカル「RVドリフトフライ」のショートリーダーダウンショット釣法を紹介

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは! 10月の初旬、久しぶりに地元の油ヶ淵へ行ってきました。

今回はその様子についてレポートしていきます!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

原点の地!ハイプレッシャーフィールド油ヶ淵釣行

油ヶ淵は地元の中ではアブラと言われており、三河地方ではかなりハイプレッシャーな陸っぱりフィールド。

愛知県唯一の天然湖沼で、タイダルフィールドなのです。僕は学生の頃から良く通っていて、僕の原点でもあるフィールド。

久しぶりに地元へ帰ってきたタイミングで行ってきたのですが、「RVドリフトフライ」を使用して40UPを2発キャッチすることに成功!

Name Length Quantity Jighead size Price
RV-DIFTFRY 3.0″ 3.0インチ 5本入 ジグヘッド0.3〜2.7g(推奨標準ウェイト0.9g) ¥900(本体価格)

ジャッカル公式「RVドリフトフライ」詳細ページはこちら

 

 

キャッチしたエリアは、長田川の水門エリアと半場川の朝鮮川との合流点付近より、上流側の半場川エリア。

2発ともサイトフィッシングでキャッチしましたが、両方とも「RVドリフトフライ」の(1.8g)のショートリーダーダウンショットリグ。

水門周りにはオイカワやイナッコ、ゴリなどのベイトフィッシュが非常に多く、それを狙ってバスが入ってくることが多いのが水門。

アブラの中でも水門は非常に分かりやすい地形変化の1つで、アブラを攻略する上で外せないのが水門撃ち。

河川と本湖両方ともアブラでは水門が多くあり、変化があまりないアブラにとっては水門がかなり重要なストラクチャーの1つなんです!

水が動いているので、ベイトフィッシュも溜まりやすく、バスも待機とフィーディングを合わせて条件の良いスポットとなります。

そんな長田川の水門エリアで「RVドリフトフライ」を使用してナイスフィッシュをキャッチできました。

同じように水門ではないのですが、半場川上流域で「RVドリフトフライ」のダウンショットで40UPをキャッチしたり秋のアブラを満喫できました。

 

ダウンショットで使う場合のキー

今回RVドリフトフライは、1.8gのショートリーダーダウンショットで使用していましたが、リップをカットして使用することによって、ロールアクションがかなり安定します。

ジグヘッドやホバストで使用する際は、リップ付き状態が良いのですが、ダウンショットリグで使う場合はリップをカットして使ってみてください。

 

サイトフィッシングで使う場面が多いのですが、小魚が水門内などで多く見られる場合には是非試していただきたいリグです。

アクション方法はラインを張った状態で、一定のアクションでシェイクすると凄くロールしてキラキラアクションさせることが可能になります。

動画でも実釣していますので、動かし方などは是非YouTube「マーモチャンネル」をご覧ください!

それではまた来週。

 

実釣動画がこちら!

出典:YouTubeチャンネル「マーモチャンネル」

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

【JACKALLソフトシェルパンツ】防風性と伸縮性を持つ秋~春先の3シーズン使えるパンツが登場

ジャッカルから防風構造を採用した新作フリースジャケットが登場

【プルオーバーフーディビッグロゴ】フード部に超デカなJACKALLロゴが入ったNEWデザインフーディーが登場

垂直フォール&ボトムでの立ち上がり姿勢で誘う特殊ラバージグ!ジャッカル・ナカタジグを紹介

圧倒的バイト率!誰が使ってもバイトが得られるワーム!ジャッカルの「フリックカーリー」を紹介

【コサジ】バスはもちろんブルーギル、ハス、ウグイやニゴイなどが手軽に狙えるスプーンを紹介