ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ベイトフィッシュの群れをリアルに再現】根掛からない特殊形状スピナーベイト!イマカツの「ヘルターツイスター」を紹介

バスフィッシングの王道ルアー”スピナーベイト”。

風が吹き始めた時や、カバー周り。または、サーチベイトとして多用される方も多いのでは?

ヘッド形状やブレードタイプまで、色々種類がありますが今回は少し特殊な形状をしたスピナーベイトを紹介!

 

ヘルターツイスター【イマカツ】

2020年10月登場

イマカツの新作スピナーベイト、「ヘルターツイスター」。

ウエイト カラー
1/4oz 3/8oz 1/2oz 5色

イマカツ公式「ヘルターツイスター」詳細ページはこちら

 

特長

ヘルターツイスター」の特長は、ベイトフィッシュの群れを再現するために搭載された複数のブレードと、スナッグレス性に優れたボディデザイン。

 

そもそも、開発のキッカケとなったのは霞ヶ浦水系の1つ常陸利根川にある、「タマネギ護岸」という根掛かり多発エリアを攻略するため!

タマネギ護岸とは、捨石を網で包んで沈めてある石積みのこと。網の巾着(きんちゃく)と口紐縛りで沈んでいるため、スピナーベイトやチャター系はモチロン、テキサスリグでさえ引っ掛かってしまうようなエリアなんです。

しかし、「タマネギ護岸」はエビやサヨリやイナッコといったベイトフィッシュが豊富で水通しも良くてクリアなため、バスも身を潜めていることが多いとのこと。

そんな、根掛かり地帯の「タマネギ護岸」を攻略するには、ベイトフィッシュの群れを再現して、引っ掛からないルアーが重要ということで開発されたのが「ヘルターツイスター」なんです!

 

複数搭載されているブレードの威力

実際に護岸際を泳ぐ4~5匹の「サヨリ」の群れを何度も見ながら、設計されて完成した「ヘルターツイスター」。

複数搭載されているブレードは、大小4枚のオリジナル燐青銅製極細ウィローリーフを採用。多く備わったブレードの威力は凄まじく、テストでは何もないオープンウォーターから次々とバスが沸いて出てきたほど!

 

可動式アッパーアームが根掛かりを軽減

複数のブレードを支える”アッパーアーム”は可動式になっており、障害物にコンタクトした時でも横倒れしないように設計。

よって普段根掛かりを恐れて通さないエリアでも躊躇なく攻めることが可能!

また、例えアッパーアームが金属疲労で折れたとしても、特殊ワイヤー構造によって掛けたバスを逃がしません!

 

フラットシリコン製「シラウオスカート」が標準装備

スカートはフラットシリコン製「シラウオスカート」を採用。

よりベイトフィッシュのような動きに近づけるため開発。

出典:イマカツ公式「ヘルターツイスター」詳細ページ

1 / 2
次へ