ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【バスタックルで挑む】O.S.P社員がルドラ&ヴァルナを駆使して獰猛な海のハンター「サワラ」を攻略! in東京湾

皆さんこんにちは! O.S.P営業部の城島と申します。

O.S.P社員によるソルトフィッシング企画! 前回はチニングでしたが、今回は鋭い歯を持つ獰猛な海のハンター、”サワラ”を狙いに東京湾へいってきました!

実は昨年の秋、一度サワラに挑んだOSP社員。その際の模様はこちらの動画をご覧ください!

出典:YouTubeチャンネル「O.S.P」

で、今回使うルアーはソルト対応モデルの”ルドラ”と”ヴァルナ”。

タックルはもちろん普段使っているバスタックルそのままで挑みます。

果たして結果はいかに…。

 

OSP社員がバスタックルでサワラゲームに挑む!

今回お世話になる船宿は、千葉県市川市にある「林遊船」さん。

チャーター船によるルアーフィッシングの他、大型船での乗合船やボートハゼ、潮干狩りなど。

様々な釣りを楽しめる船宿さん。レンタルタックルも整っていて初心者の方でも安心です。

当日の天気は曇り時々晴れ。

日が昇り始めたのは午前6時、サワラの強烈なファイトに期待を膨らませいざ出船。

今回は6名(内カメラマン1名)で出船。ポイントに到着し、まずは「ルドラ130S」をキャスト。

 

ルドラ130S

サイズ ウエイト タイプ フックサイズ カラー 本体価格
130.0mm 22.0g シンキング #4X 19 2,000円

O.S.P公式「ルドラ130S」詳細ページはこちら

 

前嶋船長曰く、朝一がチャンスとのこと。様々なアクションに高次元で対応するルドラ&ヴァルナ。

各々、思い思いのアクションで「ルドラ130S」を操ります。ジャークや、細かなトゥイッチ、ただ巻き、ストップ&ゴー。

ジャークやトゥイッチでも強弱をマメに変えながら、その日に応じたアクションを探っていきます。

 

遂に待望のヒット?

所々で、サワラが跳ねているのは確認できますが、中々バイトにまでは至らない状況。

ルアーのカラー・アクション・レンジ(水深)が合わないと簡単には釣れないようです。

朝一にはバイトはなかったものの、8時過ぎに遂に曽我社員にヒット!

ルドラ130S」(エメラルドシャッド)のジャークアクションでした。

 

エメラルドシャッド

出典:O.S.P公式「ルドラ130S」詳細ページ

 

ロッドを下にあおって強めにジャーク。止めた瞬間にひったくるようなバイトでした。

 

その時、曽我社員が使用していたタックルがこちら。

 

タックルデータ

ロッド:スピニングロッド 610M

リール:スピニングリール 2500HG

ライン:PEライン 2号

リーダー:フロロカーボンライン 20Lb

待望の1本目をキャッチしてから約40分後、またもや曽我社員にヒット! と同時に船首側の麻生社員にも連続ヒット!

 

曽我社員は同じく「ルドラ130S」。麻生社員は「ルドラ130SP SW」。

 

ルドラ130SP SW

サイズ ウエイト タイプ フックサイズ カラー 本体価格
130.0mm 20.0g サスペンド #4 14 1,900円(税抜)

O.S.P公式「ルドラ130S」詳細ページはこちら

 

カラーは2人とも”エメラルドシャッド”。

出典:O.S.P公式「ルドラ130S」詳細ページ

 

アクションは、曽我社員は1本目と同じく強めのジャーク後止めた瞬間のバイト。一方、麻生社員はやさしくトゥイッチしてヒットしました。

 

麻生社員が釣った時のタックルはこちら。

 

タックルデータ(麻生社員)

ロッド:スピニングロッド 66ML

リール:スピニングリール 2500HG

ライン:PEライン 1.5号

リーダー:フロロカーボンライン 16Lb

 

新色でも良型サワラ出現

9時半頃、続いては橋本社員の操る「ルドラ130S」に強烈なバイト! 船中にドラグ音が鳴り響きます。

 

カラーは今年の新色。遠藤正明プロ監修の”アイクルオイリークリアベイトII”です。

 

アクションは、曽我社員と同じくジャークアクション。

「コンッ」「コンッ」っと前あたりのようなものが続いており、怪しいと思っていたところからの強烈なバイトでした。

 

その時の橋本社員のタックルはこちら。

 

タックルデータ

ロッド:スピニングロッド 610ML

リール:スピニングリール 2500番XH

ライン:PEライン 1.5号

リーダー:ナイロンライン 25Lb

 

晴れ間がのぞきバイト激減

しかし、その後はバイトが続かず…。

天候も晴れ間がのぞき、気圧が上がったせいか時々サワラは跳ねているものの、大半は沈んでしまった模様。

前嶋船長の指示のもと、10m近くまで「ルドラ130S」&「ヴァルナ110 S」を沈めて誘ってみたりと試行錯誤しながら狙います。

 

ヴァルナ110 S

サイズ ウエイト カラー フックサイズ 本体価格
113mm 18g 15 #6X 1,800円(税抜)

O.S.P公式「ヴァルナ110 S」詳細ページはこちら

 

我慢の時間が続きましたが、13時半頃遂にヒット。またしても曽我社員のロッドがしなります。

さらにヒットルアーも同じく「ルドラ130S」のエメラルドシャッドです。

アクションは下ジャークを続けていましたが、ロッドを上下に煽ってのジャークに変えた途端、ジャーク中にひったくるようなバイトがあったとのこと!

 

1日で5本のサワラをゲット!

結局この日は5本のサワラをキャッチ!

ルドラ130S」(エメラルドシャッド)で3本、「ルドラ130SP SW」(エメラルドシャッド)で1本、「ルドラ130S」(アイクルオイリークリアベイトII)で1本でした。

この日は中々渋い1日でしたが、サワラのベストシーズンはこれから!

これから11月にかけてベイトサイズも大きくなり、ミノーやビックベイトにも好反応を示すようになります。

サワラだけでなく、シーバスやイナダなども混ざりますよ。

ソルト専用タックルがなくても、バスタックルで十分に楽しめるサワラゲーム。

ロッドはML~MHクラス。当日もパワーフィネスで使うようなものから、普段はシャッドで使うようなロッドなどでも釣れていました!

 

リールは普段通りの2500番のリールに、ラインはパワーフィネスで使うようなPE1.2号~2号を道糸に、リーダーはナイロンorフロロの20Lb~25Lbがオススメです。

ルアーは、何といっても”ルドラ”&”ヴァルナ”!

ルドラ&ヴァルナの特長はなんといっても、「フルフラットボディ」。

円形や楕円形である他のジャークベイトと比べた際、より強烈なフラッシングと波動を発生させる「フルフラットボディ」により、魚を寄せる力は相当強くなっています。

さらに、腹面に採用されている2つの固定重心ウエイト+3つの小型タングステンボールの重心移動システムによる低重心化。

また、ハニカムスーパーHPボディによる極限までのボディの軽量化。考え尽くされたリップ形状が相まって、超ハイピッチアクションを発生させて非常に高い喰わせ能力も実現させました。

食べてもおいしいサワラは、これからがベストシーズン! 皆様も是非ルドラ&ヴァルナを持って、エキサイティングなサワラゲームに出かけてみてはいかがでしょうか!

今回の釣行の模様は、後日YouTubeチャンネル「O.S.P」 でUP予定になっています。お楽しみに。

 

撮影協力

船宿:林遊船

〒272-0013 千葉県市川市高谷3-8-1

お問い合わせ・ご予約:047-327-2775

ルドラ130S」にて、フグも釣れていました笑。

 

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。