ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

レイドジャパン初となるビッグベイトロッド「アンダーテイカー」を触ってみた

秋になり、適水温になっていくにつれて広い範囲に散るバス。

そんなタイミングには、広範囲にサーチできる“巻きモノパターン”が効果的。要は迎えに行く感覚。

もう一つ効果的なのは、集魚力のあるパターン。トップウォーターをはじめ、ビッグベイトなどアピール力の強いルアーを使用して魚を寄せるというもの。こちらは魚を呼び寄せる、そんな感覚でしょうか。

集魚力の高いルアーは得てしてデカいルアーが多い。つまり、強いロッドが必要になるわけです。

 

GLADIATOR Anti GA-75XXHC 【UNDERTAKER】

Length: 7’5” /Power(Action): Double Ex. Heavy/Taper: Fast/Lure Wt.: MAX 5oz./Line: MAX 16-30lb./Price: ¥31,500(W/O TAX)

今年登場となった、レイドジャパン初となるビッグベイト専用ロッドアンダーテイカー

気になるなぁ…ということで、知人の所有物を拝借!

 

まず、持ってみた感想は思っていたより曲がる。そして、思っていたより軽い

表記はXXH、背負えるウェイト最大5oz.+αまで対応…と聞いていたためか、もっとガッチガチのライギョロッドのようなイメージだったのですが、曲げてみるとこの通り。

ティップから結構すんなり

もともと、固め・ゴツめのロッドが好きな記者的に、ビッグベイトをはじめ、ダッジなどの表層系やアラバマ、スイムジグ、合う合わないは別としてフロッグゲーム、巻きモノプラグ全般などに使えそうなイメージ。

そして、軽い。

記者が持ってるロッドの中で、スペック的に一番近かったライギョロッド(8’クラス)とブランクスの重さだけで比べると…やっぱりというか、当然というかその差は歴然。

ライギョロッドとしては軽い方

 

強い、曲がる、そして軽い。これからの時期コノシロパターンのボートシーバスなんかにもめちゃめちゃ相性良さそうなロッド。

というわけで、レイドジャパンの「アンダーテイカー」。とにかく、おもしろそうなロッドでした。

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。