ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ショアのタチウオを始めてみたいならメタルジグがお手軽!オススメはジグパラ&マキジグ!

タチウオ特集

ショアからのタチウオゲームで、最も手軽に楽しめるルアーといえばメタルジグではないでしょうか?

ジグヘッド+ワームによるワインドなどもポピュラーですが、真っ直ぐワームを刺せるかやフックセットなど、ちょっとしたコツがあります(もちろんコレも慣れたら難しいことはありません)。

その点、メタルジグはジグを結べばすぐに使えますから、「まず始めてみたい」という方にはもってこい!

すぐ始められるジグパラはオススメ

「ショアタチウオ・ジグ攻め!」を始めてみるのにオススメなのがジグパラ。

メジャークラフトの一大メタルジグのラインナップ「ジグパラ」シリーズには、たくさんの種類があります。

中でもオススメできるのはジグパラ・ショート(ジグパラのオリジナルですね)。

出典:メジャークラフト公式 ジグパラショート 詳細ページ

ショアからのメタルジグ攻めであれば、フィールドにもよりますが、基本的には15~40g程度のウエイトを使うことが多いかと思います。

ジグパラショートは20g・30g・40g・50g・60gのウエイトなので、そのあたりもピッタリ。

フックが標準装備

何よりスターターに向いていてイイなと感じるのが、フックが標準装備である点!

フロントにはティンセル付きシングルフックとリアにトレブルが最初から備え付けられているので、「フックで悩む」ということがないのです。

刺さりのよい日本製のフックが採用されているのも見逃せません。

飛ぶ!引き抵抗が軽い!コスパよし

ジグパラ・ショートのイイところは、スゴく使いやすいんですよね。

コンパクトなシルエットでよく飛ぶ、そしてジャークでは引き抵抗が軽い!さらにいえば価格も控えめ。

ショアでは飛距離はないよりは絶対にあった方がよいし、重要な要素。また引き抵抗が軽く、ハイピッチにもスローにもソツなく対応してくれる器用さが魅力。

加えてタダ巻きやリフト&フォールも得意で、投げて巻いて…ちょっと竿をあおってみて…だけでも結構食ってきます。

クセがないんですよね。そしてコスパもバツグン!

もし、釣具屋さんでズラリと並ぶジグに迷ったら「とりあえず」で購入しても裏切らないヤツ(笑)。

タチウオが好きそうなカラーも魅力

メタルジグでのタチウオ狙いは、フラッシング効果もあって‶チョイ明るめ〟な時間帯も期待できる点も魅力。

裏を返せばジグのカラーが状況によっては大事になるパターンもあります。

ジグパラショートがオススメできるのは、カラーにもあります。

タチウオスペシャルカラー

ジグパラ・ショートにはタチウオスペシャルカラーが5色ラインナップされています。

写真左からツートーンパープル、パープル、ゼブラパープル、ゼブラピンク、オールグロー。

ちなみに左端のツートーンパープルとそのお隣パープルは一見同じに見えますが「ツートン」はその名の通り、片面はパープル・もう片面がグローとなっています。

#19オールグロー

#23 パープル

#24 ゼブラパープル

#25 2トーンパープル

#26 ゼブラピンク

パープル系・ピンク系はタチウオ用ジグでは超ド定番ですし、ゼブラグローも間違いなく効きやすいカラー。

カラーの差が出にくいローライトや濁り潮ではグローは頼りになる相棒です。

パープルは、一説には海中で見えるタチウオの体の色が紫に近く、共食いする習性を利用してよく釣れるとも。

出典: YouTube LureNews.TVチャンネル

メジャークラフト公式 ジグパラ・ショート詳細はこちら

さらに手軽に!「巻くだけ」ならマキジグ

ジグパラがすご~く使いやすいメタルジグなのは上記の通り。

タチウオゲームエントリーの方にも使いやすいジグです。

で、もうひとつ。さらに「巻くだけ」に特化したスピンテールジグが、ただいま話題沸騰中のマキジグ。

写真上がマキジグジェット、下がマキジグスロー。同ウエイトの30gのシルエットの差がこちら。ブレードもジグにより大きさが調整されている

メジャークラフト・マキジグには2種あり、ひとつがマキジグスロー、もうひとつがマキジグジェット

両者ともにリアにブレードがセットされていて、このブレードの回転でチラチラチラ~と比較的小さなベイトフィッシュライクなアピールをしてくれます。

つまり、マイクロベイトパターンに強い

また、前述の通り、基本はタダ巻きでOKと、巻くだけでオートマチックに誘ってくれるスピンブテールジグなのです。

巻くだけで使えるというのも魅力なのですが、こちらのマキジグはボディ自体が大きく動くことなく直進安定性に優れたジグ。そしてブレードでアピールすると。

裏を返すとボディ自体のアピールは控え目、ブレードのフラッシングで程よい感じのアピール力となっているのです。

タチウオが大きなアクションを嫌う時にも重宝します。現場では、例えばジグパラで反応がなければマキジグで…という使い方もイイと思いますよ!

飛ばし屋「マキジグ・ジェット」

出典:メジャークラフト

マキジグジェットは後方重心の「フライングシェイプ」を採用した超ぶっ飛び系ジグ。

タチウオが沖目にいる時やガ~ッと素早く広くサーチしたい時、高活性のタチウオを広く効率よく拾っていきたい時にはオススメ!

 

#3 レッドゴールド

 

#7 ゼブラグロー

 

#8 シルバー(ケイムラ)

 

#15 ケイムライワシ

 

#19 スーパーグロー

 

#29 ピンクイワシ(ケイムラ)

 

#77 ゼブラレッドゴールド

 

#78 ブルピンイワシ(ケイムラ)

 

#79 緑金アジ(ケイムラ)

30g・680円
40g・730円
60g・800円

メジャークラフト公式 マキジグジェット詳細はこちら

食わせ屋「マキジグ・スロー」

 

出典:メジャークラフト

コンパクトシェイプを採用した小粒感のあるのがマキジグスロー

ジェットが飛ばし屋ならこちらは食わせ屋!?

よりマイクロベイトパターンにも強く、食い渋りでもタダ巻きで、ジグで手軽に釣りたいというならぜひ投入したいアイテム。

フラット面が設けられたボディは、ヒラヒラとスローフォールをするのがもう一つの武器で、タダ巻きと併せてゆっくりとしたフォールでタチウオを誘うことができるのもスローならでは!

 

#3 レッドゴールド

 

#7 ゼブラグロー

 

#8 シルバー(ケイムラ)

 

#15 ケイムライワシ

 

#19 スーパーグロー

 

#29 ピンクイワシ(ケイムラ)

 

#77 ゼブラレッドゴールド

 

#78 ブルピンイワシ(ケイムラ)

 

#79 緑金アジ(ケイムラ)

20g・630円
30g・680円
40g・730円
60g・800円

メジャークラフト公式 マキジグスロー詳細はこちら

マヅメ前にも期待できちゃうメタルジグ攻め

ショアタチゲームにおけるメタルジグの強みは、前述したようにエントリーしやすいというのが一点。

また、シンプルに飛距離が出しやすいためとりあえず広く探れるのは多くのアングラーにとって利点となるでしょう。

また、ビギナーの中にはなんとなくナイトゲームに不安があるというアングラーも実際には多いのでは?

その意味でも日中やマヅメ前など明るめの時間帯でも可能性を広げてくれるメタルジグはアリだと思いますよ!

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。