ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【重要なのは実はフックとラインだった】ロッドデザイナー「鬼形タケシ」のタックル考

寄稿:鬼形 毅

サンライン・バスラインテスターの鬼形タケシです。

レジットデザインというロッドメーカーの一員であり、JBマスターズプロシリーズ、JB桧原湖シリーズに参戦するトーナメンターでもあります。

今回は私がホームとしている霞ヶ浦、北浦はもちろん、全国各地でのトーナメントやロッド開発におけるフィールドテストで欠かすことのできないタックルについてご紹介します。

鬼形 毅(Onikata Takeshi) プロフィール

15年以上にわたりバスロッドの開発に従事してきた経験を活かし、飯高博文とともに「LEGIT DESIGN」を設立、ロッドデザイナー兼ブランドプロデューサーとして活躍中。JBマスターズプロシリーズ、JB桧原湖シリーズに参戦するトーナメンターの一面も持つ。バスフィッシングは12歳の時に始め、以降はライフワークと呼べる存在に。

 

タックルの重要性

バスフィッシングをルアーで行う場合、タックルとして代表されるものはロッドとリールですね。

これは基本セットで使用するものであり、ロッドが増えればリールもそれなりに増えていくわけですが、私のようにロッド開発を仕事としている者としては、ロッドの数は無限大に増えていくわけです。

リールは特殊なサイズや用途のものを除くと、まぁ各地で兼用できるものが多いのでロッドほどは要らないですよね。

次に、誰もが重要視するのはルアーとなるわけですが、これはもう星の数ほどある選択肢の中から、これまた人生何回分ですか!ってくらい買って使ってまた買ってを繰り返しております。

この辺は仕方ないというか、終わりがないというか…。バスフィッシングの楽しさであり深い沼であるということで納得するしかありませんね。

 

最も重要なのタックルはフックとライン

実はタックルの中で最も重要なものというと私的には「フック」と「ライン」、この2点だと思っています。

フックは魚との接点、ラインは魚と釣り人を結ぶ頼みの綱、この2点をおろそかにしていてはバスフィッシングの上達、充実はあり得ない!と断言してもいいでしょう。

フックに関しては選択肢がこれまた星の数ほどあるので割愛しますが、ラインに関しては私の中で「これは欠かせない」というアイテムがあるのでご紹介します。

それはシューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA(以下、BMS)。

サンライン公式「シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA」詳細ページはこちら

バイトマーカーと呼ばれる色付きのフロロです。ホームである霞ヶ浦・北浦では巻物も撃つ釣りもすべてこのBMS一択。

七色ダムなどのクリアレイク、スモールマウスバスのライトリグを除くと試合もロッド開発のテストもBMSメインで釣りをしています。

BMSの良さは当然視認性。ロッドや手元で感知できないバイトを視覚的にとらえることができるのはもちろんのこと、撃ったカバーの奥行、水深、カレントの有無、ハードルアーの挙動やトレースコースなどが全て「目で見える」わけです。このメリットはとても大きく、まさしく釣果に直結するラインと言い切って良いでしょう。

琵琶湖でのライトリグにももちろんBMS。フォールでのバイトやシェイクのリズムが視覚的にわかるメリットは大きい

シャローカバーをバックスライドノーシンカーで撃つときはBMS一択!

サンラインにはBMSの他にもいくつかフロロカーボンラインが存在します。

巻きにも撃ちにも対応する、使いやすさナンバーワンのFCスナイパー、根ズレへの強度、伸びの無さなどに優れるシューターなど、使い分けることでより精度の高いバスフィッシングが楽しめるようになります。

その中でもBMSは、圧倒的な視認性という強力な個性を持ったラインとして、私にとって欠かせないフロロカーボンラインなのです。

 

秋の巻物シーズンにおすすめのタックルセッティング

 

スピナーベイト用

ロッド:ワイルドサイド WSC65M+ D.KITA V2 LIMITED.(レジットデザイン)
リール : 20メタニウム K.T.F. フルコンプリートチューン (シマノ/K.T.F.)
ライン:シューターFCスナイパーBMS AZAYAKA 12lb. (サンライン)
ルアー:KIT 3/8oz. (ペイフォワード)

 

シャロークランク用

ロッド:ワイルドサイド WSC-G66ML (レジットデザイン)
リール:コンクエストDC50 (シマノ)
ライン:シューターFCスナイパーBMS AZAYAKA 10lb.(サンライン)
ルアー:ワンエイトSR(ペイフォワード)

 

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!

シューター(Shooter)

シューターはサンラインのバスフィッシング専用ラインブランド。フロロカーボンライン「FCスナイパー』シリーズや、ナイロンラインの「デファイアー」シリーズやマシンガンキャスト、そしてPEラインのステューターなどが特に人気を集めている。