ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

B.A.S.S.イースタンオープン第2戦は欠場…次戦のセントラルオープン開催の地、ニイリーヘンリーへ!

連載:伊豫部健「IYOKEN-BOMB(イヨケンボム)」

皆さん、こんにちは!
B.A.S.S.セントラルオープンサムレイバン戦が終わり、ルイジアナ州はキャドレイクに行って各社撮影をしてました。


キャドレイクはテキサス州とルイジアナ州の州境に位置する自然豊かなレイクで、テキサス州の中で初めてボートランプが出来た場所としても有名な老舗レイク。

それだけに開拓し切れてない危険なフィールドでもあります。

そんな大好きなキャドレイクに親友ベンと、息子のメイソンと出撃!
メイソンはまだ16歳で、10FTUの若きテスターとしてお父さんと一緒に頑張っています!

この日もホントによく釣れて、パドロッターとアディが好きと生粋のシャローアングラーです。

僕はVスキップをハイパートルネードウエイテッド4/0に組んでグラスの上をバジングして出してましたが、このVスキップとハイパートルネードの組み合わせによる水面バシャバシャ系のバジングはホントにエキサイティングで、このバシャバシャする音にしか反応しないバスがたくさんいるのも事実。

ぜひ、グラスのあるフィールドで試してもらいたいなと思います。


また、今年の僕の密かなブームはポーボーイにフィンズピー(プロト)を装着してスローにシャローを探るパターン。
シャローカバーをゆっくり引けるこのコンビネーションもかなり武器になるので是非シャローカバーで使ってみてくださいね!

さてさて、そんな撮影が無事に終わり、僕はB.A.S.S.イースタンオープン第2戦の為に10時間以上かけてサウスカロライナ州までドライブ。

初めてのレイクハードウェルにやってきました!

開幕戦のフロリダを60位で終わらせてしまった僕にとって、今回は何としても最低決勝に進んでおかないと早めのプラクティスに入りました。

水位は多かったんで、まずは丸2日間を、シャローに費やしましたが、2日間探しまくってノンキー1匹と最悪なくらいタフな状況でした。

3日目からはスポッテッドバスに切り替えて、ブルーバックへリングを探す旅をしながらオフショアに点在するブラッシュパイルに狙いを定めてラウドノッカー、サミー115、ジャイアントドッグX、セビルのマジックスイマーを高速引き。

それにゲーリーハートテール3.5inのジグヘッド、スピナーベイトでいい日だと30匹くらいは釣れて、何をキーに探すか?が見えてきました。

B.A.S.S.イースタンオープン第2戦は欠場に…

しかし、今回の試合は欠場をする事になりました。
まぁ~、色々頭がパンパンだったのか…今年はコロナなどによるリスケジュールなどによるハードワークで、普段から試合に対しての余裕がなかったなと。

今年は残り4戦!
もはやポイントとか得ても意味がないので、4戦当てに行くつもり頑張って、また来年に向け今から気持ちの切り替え、またしっかり準備しながら戦いたいと思います。

次戦はB.A.S.S.セントラルオープン第3戦はアラバマ州のニイリーヘンリーで開催。

このレイクも初めてなので、練習しに行きたいと思います。

では皆さんまた。