ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ショートとロングを使い分ける】ジギングのエキスパート吉田匡克が現場で実践!「ジグローテーションテク」を公開

ジギング特集

ロングジグが有効な場合とアクション方法

ロングジグの「ソルティガ TBジグ」を使う際は、主に青物がタチウオを捕食している時。

 

タチウオを捕食する大型のブリなどに効果絶大だそうです。

 

アクション方法

基本アクションは先ほどのショートジグとは異なり、少し大きめのワンピッチが基本。初速が大事となるので大きくロッドを煽るのがポイント。

ワンピッチにより、ジグ本体がトップウォータープラグのように左右に動いてターゲットにアピールします。

 

クイックな動きで誘う場合

また、クイックにジグを動かしたい時は、ロッドをあまりアオらずリーリングだけでシャクります。

 

追いがある場合のアクション方法

ロングジグもリトリーブスピードは速くても遅くても大丈夫。

ただ、ターゲットの追いがある場合はショートジグと同様、食わせの間を設けながら5巻きストップ&7巻きストップさせることで、バイトチャンスが増えるとのこと。

エサとなるタチウオは泳ぎがあまり速くないので、クイックな動きに「止め」を入れることで、青物も反応を示すんだとか。

 

アクションでジグを見せて

 

止める

 

スローに誘いたい時

スローに青物を誘う場合、2回1ピッチしてから3回目で弾くアクションが効果的。

このアクションは、青物が底付近にいる時に有効です。

最初の2回は通常の1ピッチ

 

青物がボトムから浮いてこない場合

青物が底にベッタリ貼りついているみたいに、ボトムから浮かない時に有効なのが、ロングジャーク。

ジグをボトムまで沈めてからリールを1回巻いてロングシャーク、の繰り返しでボトムを重点的に攻めるテクニック。ボトムバンプさせるような感覚です。

吉田さんはロングジグで最終的に食ってこない時は、このアクションを最後にするとのこと。

ボトムまでジグを沈めてから

 

ロングジャーク

2 / 3
前へ 次へ