ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ビックベイトだけじゃない!?今も昔もデカバスが釣れるルアーはコレ!

デカバスを釣る…と、考えたときに。

まず、頭に浮かぶのはビッグベイトではないでしょうか。アピール力、集魚力など、何をとっても確かにデカバス率が高いルアーの一つ。

ですが、今も昔もデカバスが釣れるルアーとして不動の人気「ラバージグ」も忘れちゃいけません。

特にフルサイズのカバージグは、カバーに撃ち込んだり、ストラクチャーをタイトに攻めたり、オープンウォーターをジグストでスイミングさせたり…と使いドコロは満載。

というわけで、今回はこちらのお話。

 

MASTER JIG(マスタージグ)

“カバージグ”である以上、「根掛かりしにくい」かどうかは着目すべき点。また「アクション」「フッキング」の良し悪しも使用する上で気になるところ。

…では、さっそくいじってみましょう。

 

根掛かり

まず、注目すべきは、丸というか四角というか独特なヘッド形状。

なぜこんな形になったのかというと、すり抜け性能ボトムでの安定性(こけにくい)スイムバランスの向上を徹底的に検証したそう。で、手削りサンプルでテストを繰り返してできあがったのがこのヘッド形状なんだそうな。すり抜ける、ボトムでフックが上を向く、つまり根掛かりしにくいというわけなのです。

また、フルサイズではなく、ややコンパクトな絶妙なサイズ感というのもスルッと根掛かりの少なさに一役買ってそうな気が。

 

フッキング

フッキングの良し悪しを左右するのは、全体のバランスもさることながらとにかく「フック」。見ると特注のテフロンコートフックが採用されていて、サクッと刺さりはバツグン。トレーラーをセットするときは気を付けないといけないくらい。

そして、#3.5/0という絶妙なサイズと太さも特筆すべき点で、フルパワーフッキングにも耐えれるパワーがあるそう。

ちなみに、バトルホッグでいえば、3.3inchでも3.8inchでも4.4inchでも使用可能で、ビッグダディーもOK。おすすめトレーラーを聞いてみると「バトルホッグ」と「エグチャンク」らしいです。

 

アクション

ヘッド形状のくだりでお伝えした通り、スイムバランスが向上していると。そして質感、太さにこだわった「シリコンラバー」もベストなフレア感だそうで、トンと着底すると“フワー”みたいなイメージみたい。

独特なハリがあって、ジグストとか中層スイミング系の使い方も良さげです。

 

カラーパターン

トレーラーとの一体感を演出するナチュラル系から、カバーの中でしっかり目立たせられるアピール系まで8色がラインナップ。

MJ01-BLACK

MJ02-BLACK-BLUE

MJ03-BLACK-BROWN

MJ04-GREENPUMPKIN

MJ05-DARK-CINNAMON-BLUE-FLK

MJ06-GURIPAN-CHART

MJ07-ORANGE-PUNCH

MJ08-TENAGA-EBI

 

岡さんにオススメタックルを聞いてみた

マスタージグを使うなら、おすすめタックルは強めの「GLADIATOR Anti GA-72HC(キングヘビー)」で、フロロカーボン16lb以上の使用がオススメなんだそう。

カバーに撃ち込む。で、「あ、喰ってる喰ってる」からの…バシッ!とフルフッキング。もう、気持ち良くないわけがない。

 

ここにも注目したい!

個人的に注目したのはウェイトのラインナップで、7g・9g・11gのオーソドックスなウエイトに加え、14g・18gという最近のジグには少ない“ヘビーウエイト”があるということ。

この重さならヘビーカバーもしっかり貫通。入れると釣れる、でも入らない…というジレンマからの脱却、ボリュームがあるものが素早く落とせるというリアクション的な効果も見込めそうだなぁと。

レイドジャパンのフルサイズカバージグマスタージグは、2020年の9月登場予定。今も昔も変わらないデカバスが釣れるルアー。改めて試してみる価値はあるんじゃないでしょうか。

 

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。