ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【1ピースを超えるマルチピース】ジャッカル×シマノの最高峰「ポイズンアルティマ」5ピースモデル

シマノとジャッカルという2大メーカーのコラボが実現してから10年。

現在持ちうる先進技術を搭載して、アップロードし続けるポイズンシリーズの最高峰「ポイズンアルティマ」シリーズ。

 

ポイズンアルティマ【シマノ/ジャッカル】

シマノ公式「ポイズンアルティマシリーズ」詳細ページはこちら

2020年9月、「ポイズンアルティマ」から5ピースモデルが登場。その全貌を改めて。

【ついに!】ジャッカル×シマノの最高峰ロッド「ポイズンアルティマ」にマルチピースモデルが登場!

 

ポイズンアルティマに5ピースモデル

遂にデビューを果たした「ポイズンアルティマ 5ピース」。

1610M-5

 

266L-5

シマノ公式「ポイズンアルティマ 5ピース」詳細ページはこちら

 

「ワンピースでは、考えられることのすべてをやり尽くした」それは、最高峰であるがゆえ。

ポイズンアルティマ 5ピース」はマルチピースロッドの特性を活かし、1ピースロッドでは実現できなかった、研ぎ澄まされた感度と新たなる調子を追求した先鋭的5ピースモデル。

 

5セクションそれぞれに拘りが

シマノのロッドはオーバーラップを減らすため、カーボンシートの内層と外層をテープ状のカーボン素材で逆斜め方向に締め上げて成型。

これがスパイラルXコアなどの基本構造であり、さらにその最外層をX状に巻き上げたのがハイパワーXと呼ばれる強化構造。

UBD(アルティメット・ブランクス・デザイン)は必要な材料だけを必要な部分に配置するテクノロジーで、これによってリニアな調子作りが可能になり、軽さ、感度、パワーとも飛躍的に向上する効果が。

 

しかし、1ピースロッドだとどうしても全体にX構造を採り入れているため、部分的に“強すぎる箇所”が存在するという側面も。

ブランクスを強化する主な目的は、「ネジレ」と「つぶれ」の抑制。ポイズンアルティマ5ピースモデルには、ブランクスを分断し、それぞれのピースから過剰な部分を省き、さらに軽さと緻密な調子を実現した新構造「マルチピースUBD」を採用。

 

ネジレを抑えたいティップ部分にはハイパワーXのみを採用。つぶれを防ぎたいバット部にはスパイラルXのみといったように、適材適所の構造が組み合わされ、必要な剛性を維持しつつ、従来設計を超越する持ち軽さと振り軽さを実現したロッドに。

 

各セクションの特長

#1 ティップ部

構造上つぶれにくいティップには、「ハイパワーX」のみを搭載して、軽さを重視

 

#2 ベリー部

ベリー部にはスパイラルXコアとハイパワーXでネジレとつぶれの両方を強化

 

#3 3番節 / #4 バット部

径が太くなりネジレ剛性が増す3番節、太径でネジレにくいバット部分には、ハイパワーXは搭載せず、つぶれに強いスパイラルXコアのみを採用。

 

#5 グリップ部

1610M-5、1610MH-5にはトライアングルシェイプのフルカーボンモノコック。

266L-5にはカーボンモノコック+カーボンシェルグリップを採用。

 

約5%の慣性モーメント軽減を達成

強さと軽さの両立。

特に“軽さ”という面に着目、従来のUBD(アルティメットブランクスデザイン)構造のロッドの各ブランクス部分(#1~#4相当)を100%とした場合の、マルチピースUBDの重量比較してみると、構造変更のない#2以外はすべてのピースにおいて軽量化され、特に#1の重量が大きく減少。

物体が持っている運動を持続しようとする力「慣性モーメント」は、数字が大きければ大きいほど動き出しに大きな力が必要。今回の軽量化によって、トータルで従来比約5%の慣性モーメント軽減を達成。

 

各節重量比較

1610M 従来UBD マルチピースUBD
#1 100% 88% -12%
#2 100% 100% 0%
#3 100% 96.4% -3.6%
#4 100% 97.8% -2.2%
トータル 100% 97% -3%

 

266-L 従来UBD マルチピースUBD
#1 100% 91.6% -8.4%
#2 100% 100% 0%
#3 100% 94.9% -5.1%
#4 100% 96.9% -3.1%
トータル 100% 96.4% -3.6%

 

慣性モーメント比較

1610M 従来UBD マルチピースUBD
慣性モーメント 14.4 13.7 -4.9%

 

266-L 従来UBD マルチピースUBD
慣性モーメント 9.6 9.1 -5.2%

 

1 / 3
次へ