ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ルアーチョイスに迷ったらコレ!釣れないときの切り札!エンジンのライクは全サイズ持っておくべし!

バス釣りをしていてなかなか釣れないとなんのルアーを使っていいのか、どんな感じでバスを誘えばいいのかいろいろ迷ってしまうことがあるかと思います。

出典:エンジン

今回はそんなときの切り札ルアーをご紹介、エンジンライク

羽生和人プロ監修のワカサギ系の表層ピクピク攻略にもにも完全対応したソフトルアーです。

サイズは1.5・2.5・3インチの3サイズ展開

ライクは1.5・2.5・3インチの3サイズ展開。

ちなみに、このサイズに関してもただ大きくなっただけではなく、それぞれに適した使い方があります。

3インチに関してはボディが中空になっているので浮力性が強く、ノーシンカーでの表層ピクピクアクションやボイル撃ちなど水面直下でのアクションが非常に有効となっています。

出典:エンジン

またマス針でのチョン掛けによるトゥイッチアクションなど、バスのスイッチを入れて食わせにまで持ち込めるなどサイトにおいては絶大なアピール力を持っています。

一方の2.5インチはマテリアルに塩が入っているソリッドボディのため、中層でのアクションを得意とします。

特に中層でのミドストやホバスト、ダウンショットで小魚のベイトを演出できるほか、より食べごろサイズなったことでスレたバス攻略にもオススメです。

もちろん中層以外でもソリッドボディを活かした表層トゥイッチアクションも得意!

エンジン公式YouTubeチャンネルで羽生プロが実釣の様子を公開しています。

2.5インチに関しては中層付近、3インチに関しては表層とこの2サイズは狙うレンジで使い分けることが可能です。

そのときのフィールドやバスのレンジなどによってチョイスするのがオススメ!

フィーディングバスを狙い撃ち!その釣果はエサ以上!エンジンのリアル系ソフトベイト「ライク」

ライク2.5インチの詳細はこちら

ライク3インチの詳細はこちら

別次元の釣りを楽しめる1.5インチサイズ

1.5インチになるとまた別次元の釣りを楽しむことが可能になります。

ダウンショット、ライトキャロなど水面下での使用を前提として開発され、これまでのサイズに比べよりコンパクトに設計されています。

同サイズのベイトを捕食しているバスには特に有効で、ルアーを見切るスレたデカバスに対しても非常に有効です。

バスが見えているのにルアーに反応を示さない、見切られてしまう、そんなときこそこの1.5インチサイズが活躍します。

1.5インチのカラー展開や詳細は以前紹介した記事をチェック。

反則級の釣果!全長1.5インチ!水面下の小魚を演出するエンジンのLike(ライク)1.5インチ

ライク1.5インチの詳細はこちら

結論!ライクの全サイズを持っていればとりあえず安心!

ライクについてそれぞれのサイズについて紹介しましたが、結論ライクの全サイズを持っておけばとりあえず安心です。

バスがルアーに反応しない、見切られてしまう。そんなときはバスのレンジやコンディションにあわせてライクを使用すれば釣れたも同然です。

ぜひ次回の釣行にライクを使用してみてください。

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。