ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ロッドを曲げて獲る】繊細さと粘り強さが融合!オリムピックのマイクロジギング用ロッド「20 プロトン MJ」をご紹介!

オリムピックの超定番ジギングロッド「プロトンシリーズ」。

ガッツリ系のジギングロッドを想像される方も多いと思いますが、実はライトなジグを扱えるモデルもラインナップされています。

その中の1つが2020年5月にリリースされた、マイクロジギング用ロッド「20 プロトン MJ」。もうお使いになられましたか?

これから秋が深まると共にマイクロジギングでも、色々な魚種が狙えるようになってきますので今回は改めて、「20 プロトン MJ」を紹介していきたいと思います!

 

20 プロトン MJ【オリムピック】

「プロトンMJ」のリニューアルモデル、「20 プロトン MJ」。

”掛けてロッドをぶち曲げろ!” をキャッチフレーズに開発され、軽量でしなやかに、誰にでも扱いやすいスペックに仕上げられたロッドです。

オリムピック公式「20 プロトン MJ」詳細ページはこちら

 

繊細なティップセクションと強靭なバットパワーが魅力

マイクロジギング用ロッドということで、各スペックれぞれ40g~120gほどの重さのジグを軽快に扱える操作性と、曲げて獲るというコンセプトを実現。

“強く・しなやかな”ブランクスが最大の特長です。

 

ブランクスにはオリムピック独自製法”スーパークワトロ グラファイトクロス”とG-MAPSを採用

ブランクスには、「スーパークワトロ グラファイトクロス」と「G-MAPS」というオリムピックの独自製法が採用されていることで、強靭なパワーと速い復元能力を発揮。

出典:オリムピック公式ページ

 

「スーパーグラファイトクロス」は精密な細ピッチで繊維を巻く構造と、各方向の繊維を高弾性化させた製法が特長で、運動性能が格段にパワーアップ。

強く、粘り強いブランクスに仕上がっており、不意の大物が掛かったとしてもバットパワーとベリーの曲がりでシッカリ浮かせてくることができます。

柔らかく繊細なティップセクションは、バイトをしっかりノせ、ファイト時はターゲットの口を切れさせることなく、キャッチ率を上げてくれます。

 

各パーツにも注目!

では、ディテールにも注目していきましょう。

 

ガイド

ベイトモデルのバット部には高強度ステンレスフレームSiC-SリングLKWガイドを採用。ティップ部にはチタンフレームSiC-Sリングガイドが配置されています。

スピニングモデルに関してはバット部には高強度ステンレスフレームSiC-SリングKLガイドを採用。ティップ部にはチタンフレームSiC-Sリングガイドが配置。

 

リールシート

ベイトモデルにはTCSリールシート、スピニングモデルにはVSSリールシートを採用。

 

グリップデザイン

ジグの操作を妨げず脇に挟みやすいロングセパレートグリップ仕様。

また、グリップエンドはロッドをホールドする際、腹や腰へ当てても痛みが軽減できるラウンド形状を採用。

 

 

ブランクスジョイント部

全機種持ち運びに便利なグリップ脱着式。

出典:オリムピック公式「20 プロトン MJ」詳細ページ

 

1 / 2
次へ