ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

リアルだから釣れるのか?シマノの「狂鱗(強鱗)」ホログラムが釣れる理由【前編】

バス用ルアーへの応用

…ここまでは、ソルトの話。

イワシの鱗が原型ではあるものの、ワカサギやモロコなどは同じパターンの鱗であることから、リアルで乱反射の大きい狂鱗はソルトだけでなく、同じフィッシュイーターであるバスにも応用できるんじゃないか。

 

2018年にサンプルが完成、テストを開始した時点ですでにその構想はあり、ソルトと同時に水面下でテストが進められていたそう。

実際テストをすると、確かに狂鱗カホログラムが有効な場面はある。ただし、バスに関してはルアーの種類が多く、また水質がマッディなフィールドも多い。“マッチザベイト”という観点において、ルアーの動きや波動が先行してバスに口を使わせるケースも多々あったという。

 

ソルトに関しては、よりベイト感を出す方が反応が良いとされるミノーやトップといったルアーのジャンル、ターゲットの要素が明確であるがゆえ実績はすぐにできた。

バスルアーに落とし込む際には、チェイスしてきたバスが喰うか喰わないか…のタイミングで口を使わせられる決め手になるという要素がキモとなった。つまり追わせたり、ステイやストップでバスを誘えるルアーであれば特長を最大限に活かしきれると。

結果、ソルトに1年遅れて2020年の春に満を持して製品として登場となったそうな。

 

狂鱗ホログラム採用ルアー例

バンタム Btベイト 99SS

シマノ公式「バンタム Btベイト 99SS」詳細ページはこちら

サイズ/自重/タイプ 本体価格(円)
99mm/7g/スローシンキング 2,600

 

バンタム ワールドミノー 115SP フラッシュブースト

シマノ公式「バンタム ワールドミノー 115SP フラッシュブースト」詳細ページはこちら

サイズ/自重/タイプ 本体価格(円)
115mm/17g/サスペンド 2,360

 

バンタム Btバイブソリッド

シマノ公式「バンタム Btバイブソリッド」詳細ページはこちら

 

こうして、ソルトやバスで広く取り入れられることになった狂鱗ホログラム。インストラクターをはじめユーザーが使い込んでいくことで、狂鱗ホログラムが効く条件や使い方が明確になっていった。…と、ここでまた新たな要望ができた。

「もっと強くアピールするものがほしい」と。

そう、2020年の登場が記憶に新しい「“強”鱗ホログラム」のことに他ならない。こちらについてはまた次回。

 

シマノの最新バス関連情報はこちらでもチェック!
→シマノ公式Facebookページ「Shimano BASS Station

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。

 

2 / 2
前へ