ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

弾丸ブレイドX8でイカメタルを快適に

エギング&イカメタル特集

ヒロセマン&カワテツの最新イカメタルゲーム。

これまでロッドやリグ関連を中心に、その使いどころなどをお伝えしてきました。

今回はラインについて。

イカメタルゲームではPEラインとリーダーの組み合わせになります。

メジャークラフトには超ハイコスパPEライン「弾丸ブレイド」シリーズがあります。

弾丸ブレイド

4本縒りの弾丸ブレイドX4と、8本縒りの弾丸ブレイドX8があり、今回使用したのは8本縒りの弾丸ブレイドX8と弾丸ブレイドX8のエギング専用モデル。

 

弾丸ブレイドX8には単色(グリーン)とマルチカラー(5色/10mマーカー)があり、イカメタルにはレンジの把握が容易になるマルチカラーがオススメ。号数は0.6号をベースにするといいでしょう!

弾丸ブレイドX8・エギング専用モデルはラインカラーがピンクの単色モデル。ただし、0.5号もラインナップされているのはこのエギング専用モデルとなるので、より潮を切っていきたい状況では重宝するハズ。

品質に優れた日本製PEながら、ハイコストパフォーマンス!

150m巻きでは弾丸ブレイドX8は0.6~1.5号が2100円。同エギング専用モデルは0.5号、0.6号、0.8号がやはり2100円という価格。

弾丸ブレイドX8は200m巻き(0.6~3号)が2700円、300m巻き(0.8~3号)が3700円もあり。イカメタルのみならず、色々な釣りに使ってほしいラインです。

【弾丸ブレイドX8詳細はこちら

弾丸フロロショックリーダー

そしてリーダー。弾丸フロロショックリーダーです。

こちらも安心の日本製で、強度としなやかさを併せ持ち、ノットの組みやさも特徴です。

システムリーダーも発売されていますが、コダワリ派で仕掛けを作りたい!なんて方は、コチラを使ってみたらイカがでしょうか!

0.6号(2lb)~30号(100lb)まで非常に多くのラインナップがそろっているのも特徴。こちらもさまざまな釣りに使ってみてください!

【弾丸フロロショックリーダー詳細はこちら

 

メタルリグとオモリグの釣れ方の違いは!?ヒロセマンとテツ川上がイカメタルで検証

三代目クロステージ・イカメタルに「オモリグ専用」ロッドが登場!

【イカメタルで数釣り】ヒロセマンのタックルセレクト術!