ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

テイルウォークのフラッグシップアジングロッド「スーパーアジストTZ」に超高感度のチタンソリッドティップモデルが2機種追加!

アジングのハイシーズンを迎えるこれからの季節、これにあわせてテイルウォークのスーパーアジスト TZに新しいモデルが追加されました!

スーパーアジストTZはテイルウォークのアジングロッドのフラッグシップ。多くのアングラーから高い支持を受けています。

出典:テイルウォーク

今回はそこにチタンソリッドティップモデルの2機種、47/TISL・61/TISLが新たに登場します!

ここでは新しく追加された2機種の機能性や特徴などについてご紹介してきます。

【スーパーアジストTZ詳細はこちら

チタンソリッドティップのメリット

チタンソリッドティップにすることでカーボンソリッドティップよりも細く仕上げることができ、低活性時のアジの吸い込みバイトに対してもしっかりと追従することができます。

出典:テイルウォーク

また、アジのアタリに対しても、ルアーの進行方向へに反転してくるような掛かりにくいアタリでもしっかりとらえることができます。

テンションが掛かるアタリはもちろん、抜けるアタリどちらでも拾って掛けられるのがチタンティップの強みといえるでしょう。

極細チタントップ&バーサタイルモデル61/TISL

出典:テイルウォーク

LENGTH(ft.in) PIECE CLOSED LENGTH(cm) CLOSED LENGTH(cm) LURE WEIGHT(g) LINE WEIGHT(PE) L1(mm) L2(mm) GRIP TYPE RETAIL PRICE(JPY)
6.1 2 96 75 MAX3 0.2-0.4 205 125 B 46,000

この61/TISLは長さがあるので足場の位置が高いポイントや、手前にテトラポットや岩礁があるエリアなど飛距離を活かしてアジを掛けることに特化したロッドです。

ティップに金属素材を使用すると、重みでロッド自体がベナンべナンになりがちですが、ブランクスに強度を持たせてチタンティップに負けない絶妙なバランスを実現させています。

広範囲を攻めつつ、アジの微弱なアタリも見逃さない、汎用性の高いロッドに仕上がっています。

ショア・オフショア問わず様々な状況で攻めの姿勢を維持したいアングラーへオススメのロッドです。

ルアーは2g前後のジグヘッドに最適!

47/TISL

 出典:テイルウォーク

LENGTH(ft.in) PIECE CLOSED LENGTH(cm) ROD WEIGHT(g) LURE WEIGHT(g) LINE WEIGHT(PE) L1(mm) L2(mm) GRIP TYPE RETAIL PRICE(JPY)
4.7 2 73 67 MAX3 0.2-0.4 170 95 A 45,000

こちらは47というシリーズのなかで最もショートレングスのロッドです。

近年、アジングロッドはアキュラシーを追求するうえでどんどんショート丈になる傾向がありますが、47という長さはそのなかでもより短い分類になります。

短くすることでトゥイッチを入れたときのティップの動く幅が短くなり、細かいレンジキープや繊細なルアーアクションを行いやすいクイックレスポンスが魅力。

チタンソリッドティップによるアジのかすかな挙動を微振動として拾い上げて掛ける、攻めのロッドとして使うことができます。

スレた湾奥や魚港内などの小規模ポイントや、ボートアジングに特にオススメです。

極小ジグヘッドに最適!

チタンソリッドティップの超高感度!

出典:テイルウォーク

これからアジングのハイシーズンに突入します。

この チタンソリッドティップは前述した通り、非常に感度がよく今まで掛けられなかったアタリもしっかりとらえることができます。

今回追加された2機種はいずれも使い勝手の良いロッドに仕上がっています。

ぜひ、気になる方はチェックしてみてください!

【特化型のアジングロッド3機種】テイルウォークのスーパーアジストTZ

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。