ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

小アジが多いシーズンにサイズアップするためのアジング三か条!

寄稿:中江 貴洋

こんにちは、広島エリアで日々ライトゲームを楽しんでいる中江 貴洋です!
ついに9月に入りますが、まだまだ暑い日が続いていますね! そんな中、私はやっぱりアジさんの虜(とりこ)になっています。

私の地元・広島エリアで夏アジといえばデンゴ(小アジ)サイズがメインとなりますが、少しでも大きなサイズを狙いたくなるのは釣り人のサガ!

というわけで、今回は時期的に小型中心となるタイミングに、少しでもサイズアップを狙うために私が心がけていることをご紹介させていただきます!

中江 貴洋(Takahiro Nakae) プロフィール

生まれも育ちも広島県西部エリア。沿岸住まいという地の利と、ありあまるフィジカルを武器にフィールドへと通う、混じりけ無しのライトゲーマー。LOOP広島支部所属。アクアウェーブ・フィールドスタッフ。

 

 サイズアップ法 その1
潮回り:一番潮が動く時間帯を狙う! 基本は潮位が高い時間帯だけど、干潮からの込み始めもチャンスあり

サイズを狙う場合、潮回り的には一番潮が動く時間帯に釣行すると、良型に会えるチャンスが増えます!

タイドグラフで確認し、潮位の高いタイミングを狙うのが基本ですが、もともと水深のある場所では干潮からの、込み始めに良く釣れたりもします。

 

サイズアップ法 その2
潮流:流れが複雑な場所を狙う

サイズ狙いでは、潮流の緩いポイントを避け、流れが複雑な場所に絞るのがオススメです。
そういった場所を攻めるのは難易度は高くなりますが、チャレンジすると自分のスキルも、釣れるアジの太さもレベルアップします!

 

サイズアップ法 その3
ワームサイズ:小型ワームから徐々にサイズを上げていく!
※ジグヘッドは軽め

サイズ狙いの場合もまずは小型ワームから反応をみて、そこから徐々にサイズを上げていくのが、良型に出会える近道になっています。
私が多用している具体的なワームローテーションは、マッスルバグ(1.4in)、フラップイール(2.2in)、スーパージャコ(2.4in)という感じです。

できるだけナチュラルに誘いたいので、ジグヘッドウェイトは0.6g~1gを中心に、流れが速ければ2.0gまでを使っています。

 

サイズアップ法 +α
時合を逃さないこと!

時合は決して長くありません。
良い時間帯に効率よく釣る事が数を伸ばす基本です。
愛用しちるアクアウェーブのジグヘッド「A.W. スイムヘッド」はしっかりとしたワームキーパーがついており、ワームがズレにくいので時合いを逃さないのでオススメです!

以上、私が心掛けているアジングサイズアップの三か条+αでした!