ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エンジン・スーペリオCOフックを小森嗣彦が解説

小森嗣彦プロによる実釣ムービーがYouTube・エンジン公式チャンネル「太陽にむかって投げろ」にアップされました。

ベイトタックルのみで、いよいよ登場となるフック「スーペリオ・COフック」を使っての縛りで霞ヶ浦水系へ。

COとはカバーオフセット。小森さん渾身のカバーオフセットフックです。

出典:エンジン

カバーに撃ち、かつベイトタックルでガッチリフッキングしていく時に非常に向くフックで、同じスーペリオでも細軸のLOフックと比較して、ガンガンストレスなく攻めていけるのが魅力。

出典:エンジン

フッキングさせた際に巨バスが、フックをヒネるように逃れようとしてフックが曲がる、あるいはスッポ抜ける。

小森さん自身もそんな苦い経験があり、曲がったり折れたりしない強度と、そうでありながら太くなり過ぎない軸など絶妙なバランスを保ったフックとなったそうです。

ラインアイ部分には、「FLアイ」というラインの結び目を保護しズレを抑える工夫がされ、フッキングパワーのロスが少なくなっています。

ノーシンカー、テキサスリグ、ヘビダン、フリーリグなどにグッド!

サイズは#3/0、#2/0、#1/0、#1、#2、#3、#4。

【スーペリオCOフック詳細はこちら

ちなみに使用ロッドはKomclusion(コンクルージョン)ロッド。小森さんのプロデュースロッドで、現在プロトモデル。

写真はプロト

来年には順次登場??こちらも楽しみですよね!

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。