ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

房総メジャーリザーバー亀山ダムで「魚探無しでも必ず釣れる!」必釣ルアーで爆釣体験

寄稿:伊藤 雄大

みなさんこんにちは。ZPIプロアングラーの伊藤雄大です。

千葉県の人気フィールド、亀山ダムに遊びに行ってきました。

「数の山ちゃん」の通り名でも知られる数釣りの名手、山ちゃんガイドサービスの山下英樹さんのバックシートで体験した衝撃の釣り方を紹介します。

魚探が無くても釣れる

ガイドサービスを展開しながら、普段はつばきもとボートのスタッフもされている山下さん。

レンタルボートを借りるアングラーの中には魚探を持っていない方も多く、ライトな装備でも亀山ダムを楽しめるようにアドバイスすることが多いという。

「数釣りの山ちゃん」こと山下英樹さん……の後ろ姿(笑)

「魚探なしという条件だと、基本的に目で見える岸際を釣っていくことになります。亀山ダムは常時多くのアングラーで賑わうハイプレッシャーレイクですが、バスの数も多い。ですので、いかに口を使わせるかが大切になってきます」

そう話す山下さん。

2つの必釣メソッド

山下さんがオススメするハイシーズンのオススメルアーは二つ。

この二つを使いこなせば、どんなに厳しい状況でもバスと出会えるらしい。

早速紹介していきます。

メソッド① ストレートワームの横浜リグ

「最も手堅い釣りがこの横浜リグです。簡単に言うとストレートワームのネコリグで、ワームへのフックの刺し方に特徴があります。この刺し方だと根掛りしにくいので、目に見えない沈んだ枝などを上手くかわしながら丁寧に釣っていけます」

そう話す「横浜リグ」は岩盤や岬など、ある程度開けたスポットを釣っていくもの。

横浜リグの作り方

①3~4インチストレートワームの頭に0.45gのネイルシンカーを挿入

②ワームに中央やや前方にフックを刺し、貫通させる

③貫通させたフック先端をワームの中に隠す

マスバリを貫通させて…

ハリ先をワームの中に隠す。これで完成

キワに落とすのではなく、岩盤に当てて落とすのでビギナーでも非常に投げやすい

ちなみに横浜リグの名前の由来は0.45gシンカー。横浜の市外局番045にちなんで名付けられたらしいです(笑)。

この日、ワームは山下さんも開発に携わったというクイックダンスストレート(アルフハイト)の最終プロトを使わせてもらいました。

横浜リグと驚異的な相性の良さを見せるクイックダンスストレート

タックルはスピニングにフロロ3lbライン。フィネスなタックルで繊細にルアーを扱うのが最大のコツとの事。

いきなり入れ食いモード

私は横浜リグ初体験。山下さんにリグの作り方を教わった後、実釣スタート。

岩盤沿いを流し始めて数投目でいきなりのヒット!

わずか数キャスト目でヒット

あっさり1匹目

サイズは小ぶりだったが嬉しい横浜リグ初フィッシュ。

その後もバイトが続き、グッドサイズを交えながら数釣りを堪能できました。

恐るべし横浜リグ…。

バイトが止まらない♪

メソッド② コンパクトラバージグによるカバー撃ち

続いてコンパクトラバージグによるカバー撃ち。

山下さん:「サイズ狙いに有効なのが、ジグによるカバー撃ちです。大きいジグだとプレッシャーの掛かったバスに嫌われてしまうこともあるので、5.8gのジグに小さめのワームをセットし、全体的なシルエットを控えめにする。これでバイト激増です。

オーバーハングの下や、ゴミ溜まりを狙うので多少のキャストスキルは必要になりますが、グッドサイズを選んで釣れる方法なのでぜひチャレンジして欲しいです。

朝一から横浜リグでしっかり釣って精神的余裕を得つつ(笑)バスの濃いエリアをサーチ。

その日の有望エリアがわかったらその周辺のカバーをジグで撃つ。というのが黄金パターンになります」

というわけで、ジグ撃ちスタート。すぐに衝撃のビッグバイトを得ることとなる。

カバークリーパー5.8g(エバーグリーン)&ブルフラット3インチ(デプス)の組み合わせ

ビッグサイズ連続ヒット!! が、しかし…。

ゴミ溜まりにジグを投入し、フワフワ誘っていると早速ヒット。

しかもいきなりの45センチクラス! しかし寄せてくる途中の枝にラインが絡まり、バスの顔が見えている状態でフックオフ…。

顔が見えた(赤マル部分)のは推定45センチ

気を取り直して撃っていくと再度ヒット!しかもさっきよりデカい!!

が、しかしカバーから抜けたところでスッポ抜け。衝撃のビッグ二連発&ミスにメンタルがやられかけました…。

再びビッグバイト

大きな水しぶきを残してビッグ逃亡…

タックルセッティングを変更

山下さんから「カバーの奥から魚を出してくる釣りなので、ある程度のミスはしょうがないです。たくさんバイトさせて確率論で獲れる魚を増やしていきましょう。今日はバスのサイズが大きめなので、タックルをワンランク強くしてみましょうか」というアドバイスをもらい、ロッドをアルカンセV610M→V68MH(プロト)に変更。

ラインも12→14lbにしてしっかりフッキングが決まるようにしてみました。

ZPIチームメンバーでもある山下さんは、この釣りにはアルカンセJW69MHSTを使っているらしく、MHクラスのロッドが一つ基準となるようです。

操作性重視の68MH 食わせ重視の69MHSTと選択肢が増えました

 

タックル変更成功!

タックルを強くしたのが功を奏し、その後はミスもなくグッドサイズを連発!

終盤にはブリブリの40UPも飛び出し、何とか挽回することができました。

MHに変えてからはノーミス♪タックルセッティングの重要性を痛感しました

暑い中一日ガイドをしてくれた山下さん。ありがとうございました!

亀山ダムでアルカンセタックル無料レンタル実施中

今回は亀山ダム攻略に欠かせない二つのルアーを紹介しました。

亀山ダムで一匹釣ってみたい!というアングラーは山ちゃんガイドサービスがオススメです。

今回出船したつばきもとボートをはじめ、トキタボート、のむらボートでもアルカンセタックルの無料レンタルサービスを実施中。

好評のタックルレンタルサービス、オススメセッティングは山下さんに聞いてみよう

関連記事はコチラ

ZPI・アルカンセタックルが無料で使える亀山ネットワークスタート!亀山ダムで本格的レンタルタックル開始。最新のベイトタックルを体験しよう!

亀山ダムに遊びに行かれる際にぜひ利用してみて下さい。

youtube ZPI公式チャンネルで最新動画を続々公開!

YouTube・ZPI公式チャンネルで最新動画を公開中です。イイね&チャンネル登録お願いします!

動画でもレンタルサービス紹介しています。

~レンタル方法編~

~現地の生ボイス 湖上インタビュー編~

伊藤 雄大(Yudai Ito) プロフィール

オフィスZPI所属。アルカンセロッド&リールを駆使し、ハードルアーのみ使用可能なバストーナメントH-1グランプリ2019では参戦初年度から年間ランキング3位を獲得。エリアフィッシングでは絶対王者の異名を持ち、そこで培ったレンジコントロールを武器に様々な魚種を追いかけるプロアングラー。

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。