ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ダイワ史上、最軽量のエギングロッドシリーズ「20エメラルダスAIR  AGS」の岡隆之プロデュースモデル2本!「711M-S」と「90M」を徹底紹介

エギング&イカメタル特集

2020年7月、注目のオカッパリ・エギングロッドがダイワから登場しました!!!それは…

20エメラルダスAIR AGS【ダイワ】

ダイワのエギングロッド史上、最軽量シリーズとして人気のエギングロッド、エメラルダスAIRがフルモデルルチェンジを果たし2020年7月に「20エメラルダスAIR  AGS」として登場しました!

今回の「20エメラルダスAIR  AGS」ではダイワの最新テクノロジーが惜しげもなく導入され、ズバ抜けた軽量化が達成されたシリーズになっています。

 

ラインナップは全12本!

20エメラルダス AIR AGS 全12本のスペック
品名 監修 本体価格 自重(g) 全長 継数 仕舞(cm) 先径(mm) 元径(mm) エギ(号) PE(号) カーボン含有率(%)
74MMH 木森直樹監修 49200円 85 2.24m 2 116 1.4 11.9 2.5-4.0 0.6-1.2 99
75MLM 木森直樹 監修 49200円 76 2.25m 2 117 1.2 9.4 1.8-4.0 0.5-1.0 99
78M 福島芳宏監修 49200円 80 2.34m 2 121 1.3 9.9 2.5-4.0 0.5-1.0 99
711M-S 岡隆之監修 49500円 86 2.41m 2 125 0.9 10.9 2.5-4.0 0.5-1.0 99
83ML 49500円 82 2.51m 2 130 1.5 11.4 1.8-3.5 0.4-1.0 99
83M 49500円 87 2.51m 2 130 1.5 11.4 2.5-4.0 0.5-1.0 99
84ML-S 49800円 83 2.54m 2 131 0.9 9.9 1.8-3.5 0.4-1.0 98
86ML 49800円 87 2.59m 2 134 1.5 11.4 1.8-3.5 0.4-1.0 99
86M 49800円 88 2.59m 2 134 1.5 11.9 2.5-4.0 0.5-1.0 99
86MH 50100円 94 2.59m 2 134 1.6 12.6 3.0-4.5 0.6-1.2 99
88M-S 50100円 91 2.64m 2 136 0.9 10.9 2.5-4.0 0.5-1.0 98
90M 岡隆之監修 50100円 96 2.74m 2 141 1.4 12.6 2.5-4.0 0.5-1.0 99

いずれのモデルも、かなりの軽量化が実現されているのがよく分かると思います。
軽さに加えてフラッグシップモデルといっても遜色ないハイスペック! だけど、価格的に抑えめになっているのもソソられますね!

※参考までに!現在、ダイワの最高峰エギングロッド「STOIST(ストイスト)シリーズ」アウトガイドモデルのラインナップ概要は以下の通り。
7ft2inch~10ft8inchの全11本・自重は99~137g・価格69,300~75,800円。

 

さて、この「20エメラルダスAIR  AGS」12本のラインナップの中から、今回は注目エギンガー「岡隆之」さんプロデュースモデルの2本「711M-Sと90M」をご紹介したいと思います!

品名 監修 本体価格 自重(g) 全長 継数 仕舞(cm) 先径(mm) 元径(mm) エギ(号) PE(号) カーボン含有率(%)
711M-S 岡隆之監修 49500円 86 2.41m 2 125 0.9 10.9 2.5-4.0 0.5-1.0 99
90M 岡隆之監修 50100円 96 2.74m 2 141 1.4 12.6 2.5-4.0 0.5-1.0 99

岡 隆之(おかぴ~)(Takayuki Oka) プロフィール

「おかぴ~」の愛称で人気のエギング歴17年のエキスパートエギンガー。バス釣りから釣りにハマり、その後、20歳頃から、当時黎明期にあったエギングにドップリ! 破格のランガン力を誇ることに加え、見た目とは裏腹に!? 超理論派で、ハーフテンションフォールや独自のカラー理論など、新たなエギングの世界を開拓し続ける次世代エギンガー! 現在はアジング、チニング、メバリングなどライトSWゲームにも夢中。釣り以外の趣味はキャンプ、素潜り(シュノーケリング)などで根っからの外遊び好き! 昭和57年生まれ、大阪府出身&在住。

 

岡隆之プロデュース「エメラルダス AIR AGS 711M-S」
高感度ソリッドティップショートモデル

2本の岡さんプロデュースロッドのうち、まずご紹介したいのが711M-S。
このロッドは現在、岡さんがどこの釣り場に行っても、まずはアオリイカの居場所をサーチするための1本として最も多用するメインロッドとなっているもの。

岡さんがサーチロッドと位置づける、この711M-Sで、こだわったのが、絶対的な感度の高さ!
イカの居場所を効率よくサーチするためには、潮流の強さや、ヨレなどの変化点、底質の違い、エギにかかる負荷の把握など、あらゆる面における感度のよさが必要だと感じていた岡さん。そんな究極の感度を求めつつ、ランガン効率にかかわる飛距離、取り回しのよさも考慮に入れ、開発が進められたそうな!

そして最終的に出来上がったのが繊細なソリッドティップを搭載! そして感度・飛距離アップを実現するべく12個のガイドが配置された特殊セッティングのロッド「711M-S」というわけなんです。

品名 監修 本体価格 自重(g) 全長 継数 仕舞(cm) 先径(mm) 元径(mm) エギ(号) PE(号) カーボン含有率(%)
711M-S 岡隆之監修 49500円 86 2.41m 2 125 0.9 10.9 2.5-4.0 0.5-1.0 99

 

「エメラルダス AIR AGS 711M-S」の特長をピックアップ

高感度に直結するのがメガトップのカーボンソリッドティップ採用!

 

 

異例ともいえる12個のガイドが配置されています

開発がスタートした頃時はガイド数は8個からスタートし、その後、徐々にガイドの数が増やしながらテスト!
最終的には12個のガイドが配置されることに!
ガイド数が増加することで、PEラインとガイドの接地点が増え、明らかに感度アップを実感したそうな!

 

ブランクタッチができるグリップ設定

より感度が上がるブランクタッチができるよう、グリップはダウンロック方式でグリップの上部が短くなるように設定してあります!

 

キャスト時の放出される糸のバタ付きを効率的に抑えるべく、バット側の1個目2個目のガイド配置が、リール側に寄せてある

飛距離を伸ばすために、キャスト時の放出される糸のバタ付きを効率的に抑える必要があります。
そこで、岡さんはバット側の2個のガイドで、そのバタ付きを収束させるべく、ガイド位置をかなりリール側に寄せたとのこと!

 

使用するエギのピンピシャサイズは3.5号をメインに開発!
ただ繊細ティップのおかげで2.5号や3号が快適に扱え、またバットはMパワーを持たせているので4号エギもガッツリ操作できる!

岡さん的に使用するエギのピンピシャサイズは3.5号として開発。
ただ繊細なソリッドティップ採用のおかげで、さ2.5号や3号クラスのエギの操作性もバッチリ!

さらにベリーからバットにかけてはMクラスのパワーを持たしてあるので、4号といった大型エギも使える汎用性の高いモデルになっているのも、このロッドの特長!

 

このエメラルダス AIR AGS 711M-Sについては
岡さんに自身に、動画でガッツリ解説いただいたので、ぜひチェック!

岡隆之 監修【20エメラルダスAIR AGS 711M-S】超解説

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

 

続いてもう1本の岡隆之さんプロデュースモデルをご紹介!

1 / 2
次へ