ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【クロダイ・マゴチ&川ゲー】加来匠(レオン)オススメ!夏の釣り2選

連載:加来 匠レオン「ライトゲームマニア」

梅雨が明けた途端、いきなりドンッと真夏の猛暑がやってきた感がありますが、我々アングラーは雨にも負けず風にも負けず、そして夏の暑さにも負けずにフィールドへ繰り出しますよね(笑)

ということで、今回は夏のオススメゲーム二選の紹介です。

レオン 加来 匠(Kaku Takumi) プロフィール

加来匠(かく たくみ) 中国&四国エリアをホームグラウンドとし、メバルやアジ、根魚全般の釣りを得意とする生粋のソルトライトリガー。レオンというのはネットでのハンドルネームとして使い始めたが、いつの間にか、ニックネームとして定着。ワインドダートやSWベイトフィネスなどを世に広めた張本人、新たなスタイルを常に模索中! 「大人の遊びを追求するフィッシングギアを提供する」ことを目的としたプライベートプロダクション「インクスレーベル」代表もつとめる。

 

ボートチヌ&キビレ+マゴチゲーム

まずはボートチヌ&キビレ+マゴチゲーム。

 

まあ、夏場はデイでチヌトップなども楽しめるのですが、今回はなかなか陸っぱりが厳しい都会向けのボートゲームです。

チヌはとても目が良く頭も良い魚ですので、港湾部や堤防で見える魚体をルアーで釣るのは至難の業なのですが、これがボートで出ると意外にイケてるのです。つまり、ヒューマンプレッシャーの掛かっていない魚を狙うわけですので、タックル建てやルアー選択やメソッドがキチッとハマれば数が出る遊びと成り得ます。

ちなみに、今回ご紹介する釣果は全て友人達によって東京湾で釣られたものばかりですが、実は僕の地元広島でもボートで出れば意外にイケる事も付け加えておきます。

さて、なぜ東京湾のボートチヌを紹介するか…なんですが、遊漁船の船長にもよるのですが、この2〜3年、千葉から神奈川に掛けての数艇のガイドボートで静かなブームが起きているからです。

友人達も最初は僕の勧めに対して半信半疑で取り組んでいましたが、やってみるとこれがテクニカルでなかなか面白い。

 

バイトはひっきりなしにあるのに乗せられないとか、ワームのカラー一つで大きな差が付くとか、同船するベテラン連中に目の前でモロに差をつけられるので、彼らに火が着いてしまったのです(笑)

https://twitter.com/taka10063/status/1295002352315854849?s=20

https://twitter.com/taka10063/status/1269076599682424832?s=20

 

船長にもよりますが、大抵のボートはチヌ・キビレとマゴチの二段構えで出してくれるようですので、ぜひおお試しあれ^^

 

続いては…川で遊ぶ!「川ゲー」のご紹介
1 / 2
次へ