ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今が旬!大人気のイカ、アジをもっと簡単に釣る方法!

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

こんにちは、トモ清水です。

まだまだ暑いですね~!でも朝夕はちょっとだけ秋の空気を感じる季節になってきましたね。

夏本番の船釣りと言えば、夕涼みがてらに楽しめるイカメタルとバチコンアジング!

食味も抜群で、国民的な海の人気ターゲットの代名詞みたいなイカとアジ。やはり沢山釣ってお土産をゲットし、食材確保として釣りに行きたい大人気の魚種です。

さらにイカメタルとバチコンは、ルアーとしてのゲーム性も高く、食べるだけでなく、趣味、遊びとしてのルアー釣りにおける高い地位を得たスタイルになっています。全国的に専用に狙う遊漁船もまだまだ増えており、8月いっぱいはもちろん、9月に入っても狙えます。

これからイカ、アジを釣ってみたい、もっと釣果を伸ばしたい!という方、必見!これを読んで頂ければ、もっともっと釣れること間違いなし!


イカメタルで狙うメインのイカの種類はケンサキイカ。関東ではマルイカ、山陰ではシロイカ、北陸ではマイカと呼んだり、和歌山、九州ではアカイカと呼んだり、地域によって呼び方が変わり、ちょっと複雑だったりします。

ケンサキイカのシーズンは一般的に6月くらいから9月になります。年によっては早まったり、長く続いたりします。特によく釣れる月は、まさに夏本番の7、8月になります。もちろん9月以降も釣れるのですが、数が減っていき、その代わりに大型が釣れるようになってくるといった感じです。


一方、アジは年中狙えます。特に40cmオーバー、50cmオーバーのギガアジ、テラアジと呼ばれる超大型のアジをバチコンスタイルで狙いやすいのは、5月から8月になります。

よって8月、9月は、同じ船、同じポイントで、イカとアジの両方狙えるってこともありますので狙い目です!まさに今が釣行のチャンスなんです!

7月末に新潟でバチコンアジング&イカメタルの実釣会、続いて和歌山でイカメタルとバチコンアジングのTVロケに行ってきました

毎年恒例となっている本間釣具店フィッシャーズさま主催のバチコン実釣会。ゲスト講師として参加させて頂きました。新潟の西港から出船、第二昭山丸さんにお世話になりました

本間釣具店さん主催のバチコン実釣会にゲスト講師として呼ばれるのは、ありがたいことに今年で3年目。新潟県でのバチコンアジングの人気が年々上がってきているようです。

さぁ日が沈んでからが本番。港から15分と超近場のポイント♪バチコンはじめて、という方も何人もいらっしゃいました。果たして釣果は!?

今年はサイズ、数共に絶好調!はじめての方でもクーラー満タン状態。それだけ新潟の海はアジの魚影が濃い証拠ですね。港から出て15分くらいの超近場なので、気楽にエントリー、そして安心、快適。さらに夏の日本海はほとんど湖のような波の無い日が多いので、夕涼みがてら夜釣りを楽しむには最高!

オーシャンフィール・バーチカルコンタクト専用ロッドでナイスアジ!

こちらも40センチ近いグッドサイズ。ロッドはPRMバーチカルコンタクト。専用ロッド強し!

私も実家の石川県でこのイカメタルとバチコンアジングを10年前ほどから楽しんでいます。

当時はイカメタルやバチコンという呼び方もなかったですけどね。

7年前に金沢方面で実釣取材した動画がコチラ!

実釣会は参加者全員が爆釣で、アジ以外にも大型のマダイも数尾あがっていました。

私も途中アジのお土産を確保させて頂き、最後にはイカメタルでアカイカも釣って、参加者と一緒に楽しい釣行となりました。

私も合間を見て釣らせていただきました!アッという間にお土産確保。サイズもグッド!

その時の様子はこちらになります。

去年も参加して頂き、今年もマイクロクローラー3インチでバンバン釣っていました!笑顔が素敵ですね!

バチコンアジングに使うワームは目立たせてナンボ!

蓄光カラーのスーパーグローとボリュームのあるマイクロクローラー3インチ、4インチで目立たせアジにアピールせよ

バチコンアジングにおいて昼夜問わず、非常に効果的なカラーがあります。それはグローカラー。水中の真っ暗の中でも一際目立つ蓄光カラーのグローカラーが、アジをたくさん釣る上で重要になります。

グローはグローでもさらに強い発色性を持つスーパーグローがおすすめで、マイクロクローラー3インチもしくは4インチのワームで、スーパーグローシルバーフレックという伊勢湾スペシャルカラーが一番のおすすめ。迷ったら是非この色を試してください。必ず釣果アップにつながります。

こちらが一番おススメのマイクロクローラー3インチの伊勢湾スペシャルカラー。パワーベイトの味と匂いはもちろん、スーパーグローカラーが水中で目立ちアジにスーパーアピール。シルバーのラメも入っているのがミソです♪ジグヘッドは太軸の「ふわゆらジグヘッド0.4g」。この軽さが肝です。シンカーはスイベルシンカー35g。迷ったらまずこのワーム、このカラー!

カラーだけでなく、おかっぱりのアジングで多用するワームより、ボリュームのあるワームがおすすめで、やはり目立たせてナンボ!まずはアジにワームを見つけてもらわないことにははじまりません。マイクロクローラー3インチもしくは4インチバブルリーチ2.5インチが、バチコンアジングに一押しのワームになります。

この方も去年も実釣会に参加され、今年も会津から新潟へ。私のリアルフィネスを使って頂き、そのスローテーパーの超軽量ロッドで、すぐに良型アジをゲット。楽しいロッドですね!と喜んで頂けたので何よりです♪

あとやっぱり簡単にイカ、アジを釣る方法としてタックルバランスが一番重要です。テクニックの前に、仕掛けも含むタックルバランスが整っていれば、誰でも不思議なほど簡単に狙いのターゲットが釣れます。

例えば逆ダンと呼ばれる逆ダウンショットの仕掛けは、糸絡みというトラブルも少なく、非常によく釣れるリグ(仕掛け)です。アジもイカも両方に効果的で、付けるルアーがワームかスッテだけの違いです。

アジを確保したら、同じタックルで、ワームからスッテに付け替えてアカイカ狙い。ダクダクスッテスキッドスッテの組み合わせに、あの魔法の粉を付けて...

こちらがパウダー状のマル秘兵器。表面が布のダクダクスッテスキッドスッテに付けると持続力抜群。信じがたいですが、本当にこの魔法の粉をつけるだけでイカの抱きが全く違います。私も最初、それほどの効果は得られないだろうと疑っていましたが、去年雲丸さんでテストした時、竿頭になったので、この魔法の信者になってしまうほど(笑)

またリアルフィネス・ライトオフショアゲームというアブガルシアの最軽量のバチコン、イカメタル専用のロッド(何と60g台の軽さ!)を使えば、超感度、アタリの取り易さは群を抜いており、アジ、イカの微妙な小さなアタリも不思議なくらい手元とティップにハッキリと出ますので、釣りが非常に簡単に思えるほどです。

私の知る限りここまで軽いバチコン、イカメタル用の釣竿は見たことありません。軽いと強度が不安ですが、国産100%のカーボン素材を使用した最先端テクノロジーTAF製法を採用しているので、強度、軽さ共に抜群です。

この方も去年も実釣会に参加され、今年も会津から新潟へ。私のリアルフィネスを使って頂き、そのスローテーパーの超軽量ロッドで、すぐに良型アジをゲット。楽しいロッドですね!と喜んで頂けたので何よりです♪

イカメタル、バチコンアジングの先駆者の一人である福井の雲丸の船長と一緒に作りあげていますので、是非こちらの動画を参考にして頂けると釣果アップにつながると思います。

その動画はこちらになります。

こちらの大会にも私も参加いたします。ブースも出して展示もする予定です。はじめて挑戦したいという方に絶好の機会となっています。たくさんのインストラクターがレクチャーしてくれますので、是非ともこの機会に参加してみてはいかがでしょうか

次ページへ続く
1 / 2
次へ