ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【味×匂い×アクション】キムケンこと木村建太がプロデュース!バークレイ・マックスセント「パワーワグ9inch」

マックスセント「パワーワグ9インチ」。

キムケンこと木村建太プロがプロデュースした9インチのロングワームで、パーツなどがいっさい付いていない“ど”ストレートワーム。

 

味と匂いの良さを体感してもらうためのロングワーム「パワーワグ」をご紹介。

 

PowerBait MaxScent Powerwag 9inch (パワーワグ9インチ)

■サイズ: 9 インチ
■重さ:22g
■入り数: 6
■パッケージサイズ:ロングバック(縦 12.5 x 横26.5 cm)
■リグ: ネコリグ、テキサス、フットボールヘッド、ワッキー

ピュアフィッシング公式「パワーワグ9インチ」詳細ページはこちら

 

特長

味と匂いでアピール

パワーワグというより、マックスセントシリーズの最大の特長は「味と匂い」が付いていること。

 

そもそも「マックスセント」という意味は日本語に直訳すると「マックスな匂い」となり、かなり強烈な匂い。

このマックスセントシリーズは、強烈な集魚力のある「Gulp!」シリーズ、さらに 集魚力とアクション性能の高い パワーベイトの素材が融合され、アクションと集魚力の両面を追求され誕生した“良いとこどり”のシリーズとも。

パッケージの「Catch45%more fish」の文字は、バークレイの発表では従来のパワーベイトとの比較で45%キャッチ率があがるという意味だそうです。

 

元々従来のバークレイも相当なニオイで実績も十分ですが、このマックスセントシリーズはウォーターベースのフォーミュラをマテリアルに練り込んだモデルで、乾いても硬くならないのも特長となっています。

 

アクションの特長

水を噛みすぎず受け流す、真っすぐな棒状シルエットのノンテーパーストレートボディ。

9インチでバルキー、パーツがないにも関わらずアピール力はバツグン。マテリアルが高比重で「22g」と充分な重さがあるため、ノーシンカーでもベイトタックルで扱いやすくとにかくナチュラルにアピール。

マックスセント素材の独特な柔らかさで、高比重のワーム特有の硬すぎるということもなく、絶妙にしなるボディでフォール時はゆらゆらアクション。

さらに、着底後は“匂い”でアピール、バイト後は“味”でアピールするという、どう考えても釣れるんじゃないか…なワームなわけです。

 

関連動画をチェック

出典:YouTubeチャンネル「 PureFishing TV」

 

カラーラインナップ

GP(グリーンパンプキン)

 

SCPBF(スカッパノンブルーフレック)

 

BRBK(ブラウンバック)

 

GPCR(グリーンパンプキンキャンディー)

MMGC (マンゴーマジック)

WRM(ウォーターメロンレッドマジック)

GPM(グリーンパンプキンマジック)

MMZ(ミミズ)

SCP(スカッパノン)

SMB(スモークブルー)

バルキーでボリューミーなフォルム、そして匂いと味、柔らかい質感による艶めかしい動き。もはや、放っておくだけで釣れるんじゃないか的ワーム「パワーワグ」。タフな時こそ、試してみる価値ありそうです。