ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【思い通りにジグを操れる】軽くて強靭!オリムピックのスロージギングロッド「20プロトン・プロトタイプSJ」をご紹介!

ショア、オフショア問わず、これからますます楽しくなってくるジギング!

秋に向かうにつれて狙える魚種も増えてきますよね。そこで、今回紹介するのは”オリムピック”から登場して間もないスロージギング ロッド。

 

20プロトン・プロトタイプSJ【オリムピック】

それが、こちら! 「20プロトン・プロトタイプSJ」。

オリムピック公式「20プロトン・プロトタイプSJ」詳細ページはこちら

 

新技術の採用でさらに強靭に

20プロトン・プロトタイプSJの大きな特長、それはブランクスに東レの最高強度の炭素繊維「トレカ®T1100G」とオリムピックの独自技術「SUPER QUATTRO GRAPHITE CLOTH LV」が採用さされているというトコロ。

 

「SUPER QUATTRO GRAPHITE CLOTH LV」は最軽量の4軸組布。この技術が採用されたことで、強靭さを保ちながら軽量化を実現。

重いジグを長時間シャクり続けるスロージギングでも、疲れにくく快適に使えるロッドとなっていますよ!

それに加えて、パワーと強度を高めたブランクス製法の「G-MAPS」製法や、東レ(株)の粘り強さを維持させながら変形を抑えるという効果を果たす“ナノアロイ ”テクノロジーも採用。粘りを持たせた強いブランクスに仕上がっています。

出典:オリムピック公式「20プロトン・プロトタイプSJ」詳細ページ

 

このように、色々な技術が詰め込まれたブランクスは、ジグの姿勢や海流のわずかな変化も感じ取る感度を備え持ちながら、ジグの重さに対し素直に曲がって戻り、ジグを飛ばす飛ばさないを思いのままにコントロールさせることが可能になりました。

ファイト時はブランクスルー構造とT1100Gの力で無理のできる粘りのあるブランクスへと変わります。

 

ディテールにも注目

そんな強靭に仕上げられた20プロトン・プロトタイプSJは、各パーツにもこだわられているということで、早速注目していきましょう!

 

ガイド

全ガイドにチタンフレームトルザイトリングガイドを採用。ティップ部にはシングルフットKガイド・バット部にはLRVガイドを使用。

 

グリップ

実釣性能だけを追求したシンプルなデザイン。高硬度EVAを採用されていて感度アップ。

 

リールシート

リールシートにTDPS22を採用。高硬度アーバーを内蔵。

 

グリップエンド

ジグをしゃくる際に邪魔にならない最小限の大きさの高硬度EVAラウンド形状。

出典:オリムピック公式「20プロトン・プロトタイプSJ」詳細ページ

 

次ページではモデルごとについてご紹介!
1 / 2
次へ