ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【シーズン到来】コスパにスグれすぎるチヌゲーム専用ロッド「シルバーウルフMX」がかなりイイぞ!

連日の暑さが夏を思わせる今日この頃。すでに30度を超える地域も出始め、いきなりサマーシーズンな様相を呈している。この暑さを感じだす頃から面白くなりだすのが、河川や湾奥などで楽しめるお手軽スタイルのチヌゲーム(チニング)だ。

すでにルアーニュースRでも数々のチニングテクニックやルアーを紹介してきたが、今回はチヌゲーム用のロッドをご紹介しよう。

今回ご紹介するのは、ダイワから今年の新製品して発売されたチヌゲーム特化ロッドの「シルバーウルフMX」だ。


出典:ダイワ-シルバーウルフ

ダイワではすでにシルバーウルフAGSというハイエンドモデルをリリースしているわけだが、このMXはAGSに比べ、コストパフォーマンスを強く意識したモデルとなっている。

ロッドマテリアルにはトルクと軽さを兼ね備えたHVFナノプラスを使用し、従来のチニングロッドに比べ強度と操作性がUP。ガイドシステムにはステンレスフレーム&SiCリングを搭載している。

また、72LB-S、72L-Sにはカーボンソリッドティップ(メガトップ)を採用することで、高い感度を実現している。

そもそもチヌ用ロッドに求められる性能は、大きく分けて2つ。1つは、チヌの強烈な引きを受け止めるだけのバットパワー。もう1つが、根掛かりを回避しながらも、チヌのバイトを捉えるティップ。この2つがチヌ用ロッドには必要とされる。

シルバーウルフMXは、その両方を兼ね備えながらも、2万円台で手に入るコスパを実現しているという点が大きな魅力だ。

アイテム 全長(m) 自重(g) ルアー重量
(g)
本体価格(円)
72L-S 2.18 95 2-12 24,800
77ML 2.31 105 4-18 26,300
84M 2.54 120 5-21 27,800
72LB-S 2.18 85 2-12 24,800
78MLB 2.34 100 4-18 26,300
今年、チヌングデビューを目論んでいる方には最適なモデル。個人的にはメガトップ搭載モデルが非常に気になるところ。