ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【着底した後の軌道変化でバイトに導く】加木屋守(マーモ)がジャッカルの新作ワーム「ハニーナゲット」を解説!

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」

皆さんこんにちは! 今年はJBTOP50も全戦中止となってしまい、試合はほとんどなくなってしまいました。

とはいっても、自分のやれることはまだまだいっぱいありますので、今年は今自分にできることをいろんな形で皆様に発信していけたらと思っております!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

 

ジャッカルの新作!ハニーナゲットが絶好調!

さて! 最近は四国へロケに行ってきましたが、まもなく発売となる「ハニーナゲット」【ジャッカル】のルアーパワーを恐ろしく感じるロケとなりました。

Name Length Quantity 推奨フックサイズ Price
HONEY NUGGET 3.0” 3inch 6本入り オフセット#1/0〜2/0 ¥800(本体価格)
HONEY NUGGET 3.8” 3.8inch 5本入り オフセット#3/0〜4/0 ¥800(本体価格)

ジャッカル公式「ハニーナゲット」詳細ページはこちら

 

今回メインに使用していたのは5gのライトテキサス。

ハニーナゲット」はフリーリグで使うとベストなワームですが、もちろんライトテキサスにも最適。

フリーリグやライトテキサスどちらにも共通して言えるのは、フォール後のアクション。キモはスパイラルフォール後からの着底した後の軌道変化。

スパイラルフォールで食ってくるバスも多いのですが、そのフォールで食わないバスを着底後の軌道変化で食わすという感じです。

ハニーナゲット」はシンカーがボトムに着底した瞬間、水平姿勢になってその瞬間にバスがバイトしてくることが非常に多いワームです。

 

ですので、テキサスやフリーリグで使用した際はフォールさせた後にしっかりと間を取ってあげることが重要ですよ。

今回はカバーを絡めてフォールさせたかったので、5gテキサスで使用しましたが縦ストやあまりフォール中の抵抗を受けない場所であればフリーリグで良いかと思います。

フリーリグは僕的には5〜10gシンカーを水深によって使い分けることが多いです。

いよいよ発売となりますので皆さんも是非お試しください!

 

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!

 

ジャッカル最新情報はこちら

【JACKALL×SHIMANO】10年間の軌跡をまとめたスペシャルLIVEオンエア決定!/2020年8月7日(金)19:30~

川島勉プロデュースワーム「シザーコーム2.5 /3/3.5inch」に新色5色が登場

釣りを思いっきり楽しむための情報満載のコンテンツサイト「be GOOD fun EGG」を要チェック!

【フィールドバッグタイプトレイル】ジャッカルから珍しいサイドファスナー仕様のNEWバックパックが登場

RVドリフトフライ3inch【ホバスト・ミドスト完全対応】ジャッカルからソフトリップが配置された新型リアルワームが登場

【ハニーナゲット】加藤誠司プロデュース!フリーリグでのバイト誘発要素を突き詰めた新作ワームが登場

【ガーグル】加藤誠司プロデュース! バズでもないスピナベでもない大注目の新型ワイヤーベイトを詳しく紹介