ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

クロダイ・キビレ・チヌゲームでオススメのジグヘッドとワーム【林健太郎&酒井隆二 編】

チヌ(クロダイ)・キビレゲームのシーズン突入!というわけでチヌネタをお届けします。

ここで紹介するのは最近、注目のジグヘッド単体攻めについて。

王道攻めとして知られるのは底ズルだけど、年々、チヌラーの間で使用頻度が上がってきているのがジグヘッド単体、いわゆるジグ単!
そこで釣りすぎチヌラーたちがココぞという時に投入するジグ単セッティングを紹介していきます。今回、自身のジグ単セッティングを紹介してくれるのはチヌマニアの林健太郎さんと酒井隆二さんの2人。

林健太郎  Kentaro Hayashi   広島市のフィッシングショップ・サミット店長。チヌゲーム以外にもシーバス、アジやメバルのライトゲーム、その他マルチに活躍。先入観を持たず魚や状況を観察してから自分なりの仮説を立て実釣を重ねる、論理的アングラー。趣味は温泉めぐり。南は鹿児島から北は青森まで、自走で巡る温泉マニアでもある。1974年4月生まれ・広島県出身・在住。ブログ 「Black Out Vre.L」http://ameblo.jp/angler-rh/

 

ARリグ【スミス】
パワーベイトSW+バブルスピア2.2inch【PFJ】

【本文=林健太郎】
登場時に一世を風靡し、現在も定番のジグヘッドです(ウエイトは3、3.5、5、7g)。根掛かりにしくい形状でリップラップも攻めていけます。ズル引きで食わない時にリップラップのある場所に釣り場を変え、そのエリア内のストラクチャーに付いているチヌを誘いだし狙う時に使います。使い方として、はボトムを引きながら根掛かりをかわしながらという感じです。
出典:釣れスギ!チヌゲーム シーズン6

ARリグ【スミス】

広島在住のチヌ釣りエキスパート・林太一朗氏の手により確立された釣法「ARリグ」。元々はバス用であったAR‐ジグを使用してボトムを攻めるこの釣法は、ARジグ独特のスイミングフォーム、ボトムノック性能、スナッグレス性能と相まって、これまでのメソッドではキャッチできなかったチヌを次々と仕留めることが出来、一大センセーションを巻き起こしました。

出典:スミス公式ARリグ詳細ページ

パワーベイトSW+バブルスピア2.2inch【PFJ】

以前より私はチヌゲームに多用し、実績をあげていたのがバブルスピア。元々このワームはバス用に甲殻類をイメージして作られたものだったのですが、待望のソルトウォーターバージョンも登場しました。

ソルト対応カラーになっていて、その色はクリアにラメを基調に6色の展開で、チェックメイトと合わせていろんな状況へと合わせることができます。リブが水流を受け波動を起こして2本のスピアがゆらめいてアピールします。

1 / 2
次へ