ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

クロダイ・キビレ・チヌゲームでオススメのジグヘッドとワーム【宮川靖&中山聡 編】

チヌ(クロダイ)・キビレゲームのシーズン突入!

というわけでチヌネタをお届けします。

ここで紹介するのは最近、注目のジグヘッド単体攻めについて。

王道攻めとして知られるのは底ズルだけど、年々、チヌラーの間で使用頻度が上がってきているのがジグヘッド単体、いわゆるジグ単!
そこで釣りすぎチヌラーたちがココぞという時に投入するジグ単セッティングを紹介していきます。

今回、自身のジグ単セッティングを紹介してくれるのはチヌマニアの宮川靖さんと中山聡さんです。

 

宮川 靖 Yasushi Miyagawa    シーバスやチヌなどをターゲットとしたSWブランド「ブロビス」代表。阪神エリアのシーバススポットに鬼精通する兄弟「宮川ブラザーズ(ミヤブラ)」の兄。根っからのシーバスおじさん(笑)でありながら、実はチニング歴もソートー古い。チニングで得意なスタイルは、ハードボトムエリアでのキャスティングでのリフト&フォール、垂直護岸でのフォールの釣り。趣味はシーバス(笑)。釣り以外ではB級グルメと映画。1968年10月生まれ、兵庫県尼崎市出身&在住。「BROVIS Facebookページ」https://www.facebook.com/brovis1091

 

コクーンヘッド【がまかつ】
豆次郎【ブロビス】


【本文=宮川 靖】
ルアー全体のシルエットが小さい方が反応がよいパターンでは豆次郎まめじろう(写真はプロト)そして、コクーンヘッドの出番。このヘッドは独自の中通しシステムで、フックがヘッドに固定できます。
針先がなまりやすいチニングではマメにフックを交換するのが釣果を伸ばすコツです。
出典:釣れスギ!チヌゲーム シーズン6

●豆次郎(約35mm)
2017年6月中旬発売※ハンドポワード少量生産


豆次郎はブロビスから登場のマイクロサイズのシャッドテールワーム。マチヌやキビレがシャッドテールタイプに高い反応を示すのは昔から知られています。チヌクルに装着してリトリーブすると、大きなテールが水流を受けてチヌクル自体がローリングアクションを起こします。小さいボディに不釣り合いなほど大きなテールが、リグに大きな動きを加え、大幅にアピール力をUPさせます。

コクーンヘッド【がまかつ】

フック交換が可能なボトム攻略用ジグヘッドが誕生しました。常に鋭い鈎先を維持することが可能なため、非常にフック損傷の激しいチヌゲームにおいて確かなアドバンテージをもたらします。
また、波状の突面に覆われた独自のヘッド形状で、優れたボトム感知能力と根掛かり解消能力を発揮します。
予備フックとしてフッキング性能に優れる「シングル53NSB」を付属。ワームサイズやシーンに応じて#2、#4を選択しご使用下さい。
頑丈なチヌの口に確実なフッキングを行うため、
こまめなフック交換をおすすめします。

出典:がまかつ公式コクーンヘッド詳細ページ

 

1 / 2
次へ