ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ロックショアプラッギング】リップルフィッシャーの名竿「RunnerExceed」のプラグに特化した11ftの長さがあるNEWモデル

大人気のショア青物。

いろんなスタイルが確立されつつありますが、プラグをメインに使ってヒラマサなどの青物を狙うロックショアプラッギングは、ドーンと水柱が立つようなバイトや荒根をかわすファイトなど、その迫力が病みつきに。

今回は、大型青物などを狙うヘビーゲーマーから根強い人気のリップルフィッシャーのロッドをご紹介。

 

ロックショアキャスティングシリーズ「RunnerExceed」から、今年リリースされたばかりのロックショアプラッギングモデルとはどんなロッドなのか。早速見ていきましょう。

 

RunnerExceed 110H Nano PlugModel

Target 青物全般
Field 磯全般・防波堤
Specification SiC-SチタンフレームKガイド + SiCオーシャンガイド仕様 (Fuji) / ナノアロイ®技術採用ブランク

リップルフィッシャー公式「RunnerExceed 」詳細ページはこちら

 

特長はこんな感じ

軽快で高バランスでありながら、HHに匹敵するパワーを融合した新次元のロックショア・プラッギングモデル。

11ftのロングレングス・ハイパワーモデルでありながら、ブランクにはナノアロイ®技術が採用されていて、同クラスのモデルとは一線を画す軽快なバランスで、持ち重りやダルさが極限まで排除されているそうな。

柔軟なティップはラフウォーター時のアクションエラーを軽減し、フッキング率の向上、また幅広いサイズのプラグの繊細な操作が可能になっているとのこと。

ファイトにおける高負荷時にはしなやかにベンドし、バットの粘りを生かした溜めの効くリフト力を発揮、アングラーが姿勢を保ちながら魚にプレッシャーをかけやすくなっている設計なんだそう。

 

また、パワークラスはHですがブランクのポテンシャルはHHクラスに匹敵するパワー設定であり、シャロー帯で10~15㎏のヒラマサにも主導権は渡さない仕様。

 

低負荷時にはバット~ベリーが高い位置でしっかりと残り、ランディング時に根をかわしての誘導がしやすいロッドとのこと。

 

ファイトシーンを集めた動画はこちら

 

スペック
Length Weight Section Lure Line Action Price
11ft (仕舞寸法:1720mm) 341g 2pcs / 印籠継 Plug 40~130g PE 4~7 Regular 73,000- (税抜)

◎適合リール目安・S:8000~14000 / D:4500~5500
グリップ長 / A:764mm(グリップ全長)・B:529mm(グリップエンドからリールフットまで)
ブランク先径 / 2.6mm(トップガイド直下)・ブランク元径 / 16.8mm(元径は竿尻から795mmの釣竿本体の外径)
リールシート / DPS20(Fuji)アップロック
グリップエンド / BRC仕様

 

為になる!リップルフィッシャー公式ブログもチェック

【シーズン特集】Vol.7-1「ショアキャスティングモデル~Pe3号クラス~」

【シーズン特集】Vol.7-2「ショアキャスティングモデル~Pe4-6号クラス~」

 

 

ヒラマサをはじめとする大型青物はもちろん、ランカークラスのヒラスズキ、オオニベなども掛けてみたい!これからがシーズン本番のロックショアゲームにぜひ!