ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

あえて3.5inch。自重7gという使いやすさで「フルスイング」の可能性広がる

レイドジャパンの「フルスイング」。

着水直後から体を左右に揺らし、絶妙なボディバランスにより“超低速域”でもクネクネ、うねうねとアピール。

そのバスを惹きつけるパワーは、もはや説明不要。

オリジナルの5inchそして4inchに、今回3.5inchが登場し3サイズがラインナップ。

それぞれのサイズをどう使い分けるのか。3.5inchの使いドコロは。…それでは早速、イジイジしてみましょう。

 

フルスイング3サイズ

 

まず、それぞれのサイズの特長としては…

5inch…シリーズで最初に登場した5inchは、もっともボリュームのあるサイズ感で、ゆったりと強く水を押すのが特長。

4inch…ボディ幅、テール形状は維持したまま、長さだけをサイズダウンしたのがこの4inch。そのため水押しなどのアピール力は変わらず、短い移動距離で強く・早くアピールできることが特長。

3.5inch…自重は約7g。0.5inch小さくなっただけの3.5inchは、テールやボディ…全体的にギュッとボリュームダウンしているのが特長。

 

それぞれの特長を活かした使い分け

 

5inch

ゆったりアピールして広範囲のバスにアピールできる5inchは、沖に投げてゆっくり巻いたりなど、広大なエリアで魚を引っ張ってきて喰わせるのに向いているとのこと。

 

4inch

短い移動距離で強く早くアピールする4inchは、岸沿いのカバーに付いている魚や、ウィードに入っているような魚に、狭い範囲で気づいてもらえるそう。

 

3.5inch

自重7g設定の3.5inchは、ベイトフィネスタックルやスピニングタックルでも使用でき、遠投が可能。よりフィネスな展開で喰わせられるみたいです。

 

1 / 2
次へ