ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ツチノコ形状のヘッドが特長的】ドランクレイジーのフィネスワーム「TSUCHINOKO(ツチノコ)」をご紹介!

ピラルクやバラマンディなどの怪魚系から、ソルトや琵琶湖のバスなどを狙うアイテムまで! 独創的な商品をラインナップしている上田純也さんの「ドランクレイジー」。

 

今回はドランクレイジーのアイテムの中でもフィネスに特化したワームをご紹介!

 

TSUCHINOKO(ツチノコ)【ドランクレイジー】

ツチノコ形状の頭部が特長的なフィネス系ワーム、「TSUCHINOKO(ツチノコ)」。

ドランクレイジー公式「TSUCHINOKO(ツチノコ)」詳細ページはこちら

サイズ カラー 数量 本体価格
3inch 10色 8個入 770円

 

フィネスの最終兵器として使うことを前提に開発されたワーム。幻の蛇と言われているツチノコに姿を似せていて、多くのリブとフラット形状が特長的!

一体どのようなワームに仕上がっているのか? 早速注目していきましょう。

 

特長

ヘッド

あらゆるリグに対応する「TSUCHINOKO(ツチノコ)」ですが、最も威力を発揮するリグは、頭部にマス針をセットしたノーシンカーリグ。

 

そもそもヘッド部が設けられている理由は、マス針をチョン掛けして良いアクションをだせるようにするため。

チョン掛けすると頭部だけが固定される状態になるので、ボディ全体が水中で上下に激しく揺れて、小魚のような艶めかしいアクションを演出します。

 

タフな時に効果的な裏技

また、水質がクリアであったりバスがタフな時には、以下の写真のようにヘッド部にマス針の軸を埋め込むことで、フックの存在感が消えてバイトの確立がUPするとのこと!

 

フラット形状&リブ

フラットなボデイ形状と複数備わっているリブは、水中で水を掴んでキレイ漂わすことができるんだとか。

 

テール

リブ付きのテールは、少し動かしただけでも大きく動くので、アピール力は抜群。

真冬などの喰いが渋い状況下でもテールアクションによって口を使ってくれることが多いそうです。ダウンショットリグでは特にテールの性能を発揮させやすくなっています。

出典:ドランクレイジー公式「TSUCHINOKO(ツチノコ)」詳細ページ

 

1 / 2
次へ