ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ライトロック基礎講座】実は奥が深くて様々な魚種が釣れる!ライトロックゲームを満喫するための基礎知識をご紹介!

ライトロック特集

身近なフィールドで手軽に楽しむことができるルアージャンルの1つ”ライトロックゲーム”。

磯場やボートからキジハタやオオモンハタといった大型ハタを狙う釣りもあれば、身近な堤防や漁港からカサゴやムラソイなどを狙うライトな釣りまで、ライトロックゲームにも色々な釣り方が存在します。

そんなライトロックゲームの魅力やテクニックなどが紹介されている”ライトロック特集”が遂にオープン! というわけで、今回はライトロックゲームの基礎的なことについてお伝えしていこうと思います!

ライトロックゲームのシチュエーション

まずは、ライトロックゲームを楽しめる主な釣り場をご紹介!

 

①堤防&漁港

 

最も身近にあるであろう、堤防や漁港。

堤防壁と基礎石の接合部や基礎石の肩、また写真のようなテトラポット付近を丁寧に狙います。

地域によりますが、狙う魚はカサゴをはじめ、ベッコウソイやムラソイ。地域によってはキジハタや小型のクエなども釣れることがありますよ!

いきなりワームの釣りでもモチロン楽しめますが、はじめは小型のメタルジグやプラグを使ったテンポのよい釣りから入って大型を狙い、活性が低いのであれば、ジグ単や軽い直リグなどでネチネチ攻めてみましょう。

堤防近辺を攻めたのならば、次は沖合を狙ってみるのもオススメ。

30g程度までキャストできるタックルに持ち替え、遠投して沖のブレイクや沈み根などをメタルジグなどで大きめのリフト&フォールやリトリーブで探っていきしょう。

それで反応が薄いなら先ほどと同様、ワーミングに切り替えてウエイトのある直リグやテキサスリグといったスローな展開で誘います。

堤防は先端周りのみならず、付け根につながる浅瀬のゴロタや磯周りもメタルジグをキャストすると、根魚の巣窟になっていることが多かったりしますよ。

タックルはバスのスピニングロッドやメバリングロッド。またテトラやゴロタが絡んでいるなら、ベイトフィネスタックルも活躍するでしょう。

 

②ゴロタ・ガレ場

 

水深が1mほどで大岩〜小岩がゴロゴロしている場所のことです。滑りやすいのでスパイクシューズを履くことをオススメします。無い場合はなるべく岩が濡れているトコロは避けて通りましょう。

岸よりの浅場では比較的ムラソイが釣れることが多く、海底が見えないぐらいの水深を狙えばカサゴなどが狙えます。

キャスト距離3mぐらいまでならプラグなどで、少し投げるのであれば、根掛かりしにくい軽量の直リグ(リーダーレスダウンショットリグ)やライトテキサスなどがオススメです。

タックルに関しては強めのメバリングロッドや、バスのスピニングロッドで十分釣りができますよ!

 

③磯

 

続いては磯での狙い方。

磯では使用タックルを少し強めで挑むことを勧めます。最低でもシーバスロッドやエギングロッド、できればハタ用の専用タックルが必要です。

足元が低く、数10m先で一気に深くなっていたり岩盤が広がるようなエリアでは、例えヒットした魚が25cmのカサゴであったとしてもストラクチャーへ一気に潜られてしまってバラシにつながります。

強めのメバルロッドでは、30cmを超える根魚とのやり取りは厳しいかと思います。最低でもPE 1号を使用できるタックルバランスが必要。釣り方は基本的に堤防と同じです。

足下の浅いポイントはライトタックルで軽いリグを使用して探り、沖のブレイクを撃つ場合は強いタックルを使用して、まずは早い展開から入り、徐々に遅く軽くというのが根魚釣りの基本になります。

 

④ボート

 

ボートでの岸撃ちゲームは、バスフィッシングに似た要素があります。大物ヒットの確率がグンと跳ねあがるので、タックルの強度がとても重要になってきます。

釣り方もシャローエリアならバス用ルアーでも代用できます。また、少し深いエリアを釣るなら、ハタ用などの専用タックルが必要になると思います。また、エア抜き針なども装備しておきましょう。

 

次のページではライトロックで使用するルアーを解説!
1 / 3
次へ