ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【まさかの釣果も登場】真夏のロックショアジギングにおけるライン考

寄稿:佐々木 優

みなさん初めまして!

徳島県南部から四国南西部でロックショアゲームを楽しんでいるサンラインフィールドスタッフの佐々木優です。

四国南西部で全国的にも有名な場所となると数々の名礁がある「沖ノ島」「鵜来島」でしょうか。自分は徳島県南部〜鵜来島と愛媛県西部がメインでショアジギングをしています!

佐々木 優(Sasaki Masaru) プロフィール

磯釣りのメッカ、徳島県南部~四国の南西部を中心にロックショアゲームを楽しむ実力派アングラー。 徳島県在住。SUNLINEフィールドスタッフ。

 

真夏のロックショアジギング

今回は6月〜7月の釣行をご紹介、ターゲットはカンパチ・シイラ狙いです

渡船の予約の際に先頭さんに確認すると、ルアーのお客さんが少なくカンパチの情報はあるものの…シイラの情報はなさそうでした。

自分が乗っている宮本渡船の先頭さんはルアー釣りの知識があり、情報を教えてくれるので有り難いです。

 

タックルについて

ベースはスロー系とスライド系の使い分け

実釣の様子は…の前に、タックルについて。まずは、僕なりのジグの使い分け方を少々。

自分が行うショアジギングのパターンは、スロー系とスライド系のジグのローテーションが基本。そして、ジグのカラーは天候や明るさで使い分けています。

例えば、朝マズメだとロング系のジグ(シルバーやゼブラグロー)などを使い、食い気のある魚にアピール。日が少し登るとブルー系→フルグローなど、日が登るに合わせて反射を抑えていくようなイメージ。

 

ラインセレクトが重要

そして、僕が重要視しているのがライン。

移動できない限られたフィールドだからこそ、飛距離が必要だったり、ときには強引なファイトが必要になることも。

ロックショアジギングに多用してるラインはソルティメイト PEジガーULT 8本組

サンライン公式「ソルティメイト PEジガーULT 8本組」詳細ページはこちら

滑らかさとフォールスピードは他に無いラインです。

渡船でのロックショアではオフショアと違い移動ができないので、天候の変化や潮の変化をダイレクトに受けます。このラインを使えばフォールスピードが早いので二枚潮も関係なく、キャスト後ロッドを下げると風が吹き出しても膨らみにくく、狙った場所へジグを送り込んでくれます。

他にはカンパチやロックフィッシュの暴力的な突っ込みにも耐える強さですね!

こちらのPEに合わせて組んでいるリーダーはソルティメイト システムショックリーダーFCです。

サンライン公式「ソルティメイト システムショックリーダーFC」詳細ページはこちら

カンパチやロックフィッシュのように根に突っ込む魚には最適のリーダーで、耐摩耗性に優れていてファイト中に根に触っても信頼できるリーダーです。

 

プラグキャスティングにはこのラインを使う

ロックショアジギングに行く際は、ジギングタックルとプラグキャスティングタックルを持って行きます。特にシイラやヒラマサなどを狙う際はプラグキャスティングが多いです。

プラグキャスティングに使用してるラインは「ソルトウォータースペシャル キャストアウェイ・モンスターバトルPE」。

サンライン公式「ソルトウォータースペシャル キャストアウェイ・モンスターバトルPE」詳細ページはこちら

このラインは、キャスト性・操作性に優れており飛距離アップに繋がります。

リーダーに使用するのは「ソルティメイト システムショックリーダーナイロン」。

サンライン公式「ソルティメイト システムショックリーダーナイロン」詳細ページはこちら

プラグの動きを失わず、ファーストランによるショックでのバラシの防止に優れた効果を発揮してくれます。

 

釣果はいかに…

さて、いよいよ実釣の様子です。今回の釣行は数々の名礁のある「鵜来島」。

例年ならこの時期だとメーターオーバーのシイラがプラグに飛び出してくれます。

 

もちろん今回も期待して…の釣行だったのですが、前情報どおりシイラはヒットせず。

夏のロックショアでの定番50〜60cmのヒレナガカンパチが遊んでくれました!

 

数日後、リベンジに行く予定でしたが大雨の影響で濁りがあるとの事でしたので、場所を変えて愛媛県西部の磯へ渡ることに。

朝マズメに表層から底へレンジを下げながら狙っていると、中層でひったくる当たりが!

ゴンゴン根に突っ込むので5kgぐらいのカンパチかと思っていると…上がってきたのはナイスサイズのスジアラ!

スジアラは自身初めてとなる魚。初めて釣ったスジアラがショアで、しかもこのビッグサイズ。これは嬉しい釣果でした!

 

これから秋にかけて堤防や磯でのショアジギング、ショアプラグキャスティングがますます熱くなってきます。

 

磯では足場が悪い場所が多いので、暑いですが肌の露出は少なめで、ライフジャケット・スパイクシューズ・ラッシュ(プロテクト)・グローブを忘れず楽しんでくださいね!

 

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!

ソルティメイト(SaltiMate)

ソルティメイトはサンラインのソルトウォーターゲーム専用ラインブランド。あらゆるSWゲームフィッシュ用のPE、フロロ、リーダーなどをラインナップ。エギング用の「PEエギULT」シリーズ、ライトゲーム用の「スモールゲーム」や「鯵の糸」シリーズ、ジギング用の「PEジガー」など人気アイテムがズラリ!