ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

こんなルアーが欲しかった!絶妙なアピール力の回転波動系ルアー!ティムコのスピンキャリバー

これから夏の時期にかけて効果を発揮する、スイッシャー系のルアー。

プロペラが回転することで波動を生み出しバスを誘うアクションは、7月の産卵から回復した個体によく釣れることでも知られています。

しかし、カバーが狙えないという弱点があり、思うようにバスを狙えないというアングラーも多いはず。

出典:ティムコ

そこで、今回紹介するのはティムコスピンキャリバー

「回転波動系プラグをカバー周りで使う」という開発コンセプトのもとに作られ、一見するとスピナーベイト?と思われがちですが、カバー周りを攻めるための多数のギミックが盛り込まれています!

いきついたのはワイヤーを曲げてストラクチャーをかわす構造!

一見するとスピナーベイトの一種にも見てとれるスピンキャリバーですが、前述した通り、コンセプトは回転波動系プラグをカバー周辺で使用するために開発されたルアーです。

そしてカバー周りを攻めるうえで、最も重要なのがストラクチャーの回避。

その工夫としてワイヤーを曲げた作りになっています。

この絶妙な曲がり具合がカバーを回避し、フッキング性能を高く保っています!

スピナーベイトより弱く、スイムベイトより強い、絶妙なアピール力!

超極薄0.3㎜のステンレスペラを使用することにより、あらゆるスピードで高速回転します。

一方のヘッド部分は静かなI字的アクション。

水流だけで弱々しく揺れるスカートがスレきったバスもバイトに誘う効果があります。

テストの段階からすごい釣果

出典:ティムコ

アピール力の強さで言えば、スピナーベイトより弱く、スイムベイトより強い絶妙なポジション。

リアクションでバイトするスピナーベイトに比べ、追尾してからぱくっと食べるような感じで、トレーラーを装着することでより誘いのアクションをつけることも可能!

この絶妙なアピール力を欲していたアングラーも多いことでしょう。

出典:ティムコ

また、スピナーベイトはリーリングすることで浮き上がるのが特徴ですが、このスピンキャリバーは浮き上がりが弱くボトムを感知しやすいところにも注目です。

そのため、水面直下速巻きでも快適に使用することができるなど、使い方が幅広いルアーになっています。

スピンキャリバーのスペック!

PDLスピンキャリバー3/8OZ SC38-01アユ

PDLスピンキャリバー3/8OZ SC38-03モギル

PDLスピンキャリバー3/8OZ SC38-12キンクロ

PDLスピンキャリバー3/8OZ SC38-13レッドタイガー

PDLスピンキャリバー3/8OZ SC38-14ナチュラルワカサギ

PDLスピンキャリバー3/8OZ SC38-15ファイヤータイガー

スピンキャリバーのカラーは6種類!

サイズは3/8oz

推奨タックル

ロッド: ML~Mアクションのベイトロッド

ライン: ナイロン、フロロともに10~14lb.

スピンキャリバーの使い方

ここまでスピンキャリバーについてご紹介してきましたが、使い方はスピナーベイトのように使ってもらうのが一番だそうです!

スピナーベイトでは見切られてしまう、そんなときにこのスピンキャリバーが活きてくるでしょう!

より上級者でのワンポイント

3㎜の厚さステンレスバネ材を使用したスピンキャリバーのペラは、曲げ方で泳ぎ方を変化させることが可能となっています。

より安定感を出したいときは前のペラを少し曲げ、より不安定感を出したいときは前のペラを立てる。

こうすると動きに変化をつけることが可能になっています。

調整のキモはあまり後ろのペラをいじらないこと!

後ろのペラの動きは前のペラによって変化していくので、とにかく前のペラを調整することが大切です。

開発秘話などの詳細はティムコ公式HPでチェック!詳細はこちら

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。