ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【エメラルダス タクティカルバックパック】山田ヒロヒト監修のエギング特化型NEWバックパックを紹介

ダイワのエメラルダスブランドから注目のエギング特化型NEWバッグシリーズが登場します! それは…。

NEWエメラルダス タクティカルバッグシリーズ

2020年8月登場予定

あの山田ヒロヒトさんプロデュースのエギングバッグシリーズとしてロングラン人気を誇っている「エメラルダス タクティカルバッグシリーズ」4種が2020年8月リニューアル登場!!

山田ヒロヒト (hirohito yamada) プロフィール

バックドリフト、ノーテンションソフトフォールなど、新たなエギングの扉を開き続けるエギンガー。2016年年末に、それまで23年勤めた会社を退社、2017年よりフルタイムのプロアングラーとしての活動を開始。これまで通りエギング関連アイテムの開発を続けるほか、イカ係長とフィッシングブランド「NUTS & VOLTZ」を立ち上げるなど、活躍の場を広げている。なおアオリイカの自己記録は屋久島ロケ中に捕獲した4280g。1968 年7月生まれ、大阪府出身、奈良県在住。趣味はスノボと一眼レフカメラ撮影。

 

今回は4つの新作のうち、バックパックタイプをご紹介します!

 

 

エメラルダス タクティカル バックパック【ダイワ】
EMERALDAS TACTICAL BACKPACK

2020年8月登場

このバッグ、一見すると、一般的なバックパックに思えるかもしれませんが、実はエギングに特化した機能が、これでもか! というほど搭載された、かなり注目のエギング用場バックパックなんです!

保冷室があったり…、ギャフホルダーがあったり、ウエア類を保持できるネットがあったりとまさに至れりつくせり!

 

ダイワ公式エメラルダス タクティカル バックパック詳細ページはこちら

アイテム名 本体外寸(cm) 本体
価格(円)
エメラルダス タクティカル バックパック(B) 約20×32×52 13700

※素材はナイロン

 

解説動画があるので、ぜひチェック!

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA japan official」

 

それでは特長を1つ1つみていきましょう!

■水を弾き、汚れが着きにくい『撥水加工生地』採用

 

■要所に引き裂きに強い『リップストップナイロン生地』採用

 

■本体収納室と簡易保冷室の『2室構造』

従来モデルも簡易保冷室はありましたが、今回は本体収納部と簡易保冷室を別々に独立して配置してあります。
あと簡易保冷室は左右どちらからでもアクセス可能な構造。

ここに凍らせたペットボトルと釣ったイカを入れておいたりするとイイかも

 

■長距離移動でも安心な固定力、『新構造ギャフホルダー』付き」
受け部分の位置・長さ調整でき、また受け部は取り外しも可能

取り付け方動画もぜひチェック!

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA japan official」

 

■本体収納室の『容量拡張ファスナー』付き

■小物収納にぴったりな『スリットポケット』を適所に配置

■本体収納室へのサイドアクセス可能

■背中にやさしく蒸れにくい『立体背面クッション』

 

■肩への負担を抑え、『フィットしやすいショルダーパッド形状』

 

■ウエア等を仮収納できる『バンジーコード』付き

以上、新しいエメラルダス タクティカルバックパックをご紹介しました。

かなり便利そうですね!