ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オールドテイストな渋いやつ。林釣漁具製作所“初”となる疑似餌釣り竿「SWING SUMMER」ショアジギ対応シリーズ

寄稿:吉田 圭吾
ジギング特集

みなさん、こんにちは!

林釣漁具製作所で企画や開発を行っている製作部の吉田圭吾です。

突然ですが、皆さんロッドを買う基準ってなんでしょうか? 軽さ、長さ、アクション、バイクが移動手段の人は仕舞寸法も気になるところ。

そして…少なからず見た目にこだわる人もいるかと思います。

例えば「人と違うものが使いたい!」「昔のようなオールドチックなロッドで釣りたい!」「ライバルに差をつけたい!」など。

はい、そんな方々の為にリリースとなったのが、今回ご紹介するロッドなんです。

※もちろん製造方法は現代の技術で行なっていますのでご安心を。笑

吉田 圭吾(Yoshida Keigo) プロフィール

愛媛県の漁師町で育ち海が近いこともあり自然と釣りをするように。 海ではショア、オフショア問わず魚を狙うマルチアングラー。バス釣りではハンドメイドルアーを使用したトップウォーターのみのスタイル。魚が水面を割って飛び出してくる瞬間を目当てに釣行を重ねる。 1996年生まれ、高知在住

 

外観へのこだわり

昔のロッドって、カッコよかったなぁって思うんです。

バット部分やガイドフットに、飾り巻きが施されていてカラフルで。

最近のロッドで飾り巻きを施しているロッドといえば、オフショアのビッグゲーム用だったり、バスのトップウォータースタイルのロッドだったり。普段、防波堤で使うようなロッドはシンプルで基本飾り巻きはされていないのが現状。

なので、最近釣りを始めた方はそんなに馴染みがないかと思います。

古い感じが新しい?!(笑)

重くはなるし、手間がかかる分コストも上がります。それならどうして今回飾り巻きを施したのかというと、最近のロッドとは違うクラシックな雰囲気だったり、何よりも廃れてせっかくの技術が無くなる事が惜しいと思い今回飾り巻きを採用しました。

 

1 / 3
次へ