ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【オススメジグ/ロッド/タックルなど】上手い人に聞いておきたい!ショアジギングを得意とするハヤブサ「橋本 翔大」に問いかけた6つの質問とは?

ショアから手軽にエントリーできて、青物などを狙うことができる”ショアジギング”。

これから季節が進むにつれて面白くなってきますよね! で、これからショアジギングを始めようとしている方や、既にされている方でもタックルやジグなどを選ぶ時って、何にしようか迷うハズ!

そこで今回はジャックアイシリーズの使い手として広く知られている、ハヤブサの橋本翔大さんに、ショアジギングについて気になることを色々聞いちゃいました!

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。ショアのルアーフィッシングを中心に、全国の釣り場で腕を磨く新進気鋭のアングラー。

 

ショアジギングに1つだけジグを持って行くなら?

ショアジギングでメタルジグを1つ持っていくとすれば、「ジャックアイマキマキ」【ハヤブサ】がオススメ。

ハヤブサ公式「ジャックアイマキマキ」詳細ページはこちら

 

選んだ理由は、圧倒的な実釣力! 巻いているだけで釣れてしまうので、だれでも釣れるチャンスがあるということです。

あとはレンジサーチ能力が非常に優れていること。横に引くことができるので、魚のいる層が分かりやすく、メタルジグだからとにかく広範囲を素早くサーチできるので、今のところ最強のジグです。

 

アクション方法

アクション方法としては、タダ巻きともう1つ、「ストップ&ゴー」をオススメします。意図的に喰わせの間を作ることができるので、フッキングも決まりやすいです。

 

オススメリール&カスタムパーツは?

私が普段ショアジギングで多用しているリールは、「ステラC5000HG」【シマノ】です。

シマノ公式「ステラ [STELLA]」詳細ページはこちら

 

使う理由

ジャックアイマキマキ」を使用したライトショアジギングは、ほぼシャクることがなく、タダ巻きが多いです。

シマノのステラシリーズは、マイクロモジュールギアⅡが搭載されているため、「ジャックアイマキマキ」のタダ巻き時において非常にシルキーな巻き心地で巻くことが可能です。

また、ロングストロークスプールが採用されているので、抜群の飛距離でライバルに差をつけることができます。

 

悩んだらこの一択!オススメラインと結束方法について

使用しているラインですが、メインラインは「ピットブル12」【シマノ】でリーダーは「HARDCORE® POWERLEADER FC」【デュエル】を使っています。

シマノ公式「ピットブル12」詳細ページはこちら

 

デュエル公式「HARDCORE® POWERLEADER FC」詳細ページはこちら

 

結束方法は”SCノット”です。

 

「SCノット」の参考動画はこちら!

出典:チャンネルTSURIHACK TV

 

メインラインの「ピットブル12」は、非常にしなやかでこれまで使用していたPEラインより飛距離が大幅にアップします。

リーダーの「HARDCORE® POWERLEADER FC」(フロロカーボン)は、ジャストストッパーという軟質樹脂ホルダーで、必要な分だけ素早く取り出せるので便利で使い勝手が良いです。

ノットは今のところSCノットを多用しています。かんたん且つ強度も誇るので特に現場で重宝します。

 

始めるにはこのロッド!ビギナーにオススメのジギングロッドは?

ショアジギングを初めてされる方には、「コルトスナイパーSS」(S96M)【シマノ】が使いやすいのではないでしょうか。

写真はS100Hです

 

コルトスナイパーSS」(S96M)は、シーバスロッド感覚で扱えるライトショアジギングロッド。

60gまで使用できるため、ジャックアイシリーズを使うにもピッタリです。さらに青物が掛かっても安心のパワーを兼ね備えているため、これからライトショアジギングを始める方にもオススメできます。

 

本命じゃないけど嬉しかった外道

とある取材で、駿河湾にてショアジギングをしていた際、なんと40㎝オーバーのグレが釣れました。

サーフのショアジギングで、しかも良型のグレが掛かるなんて思いもしなかったので、驚きましたがとても嬉しかったのが記憶にあります。

アクションはオーソドックスなワンピッチジャークでいきなりヒットしたため、最初は青物かと思いました(笑)。

 

これは役に立つ! 暑さ対策

夏のショアジギングで怖いのが「熱中症」。特に今年の夏は猛暑となる予想になっているので、より一層注意が必要です。そんな中、ハヤブサのアパレルブランドとして展開している「FREE KNOT」からこの夏、新たな超冷感素材を使用したアンダーシャツが登場します。

その名も「HYOON EX アンダーシャツ」。

価格:SS、S、M、L、LL ¥7,000、3L ¥7,500

ハヤブサ公式「HYOON EX アンダーシャツ」詳細ページはこちら

 

従来のモデルと比べてQ-MAX値(最大熱吸収速度)が約1.85倍もあります。

特殊メントール、キシリトール、エリスリトールの3種類の冷感素材を使用しているため、着た瞬間からその冷感を体感できると思います。

特に沖堤防や沖磯なんかでのショアジギングゲームにはもってこいのアイテムです! この夏はぜひ”HYOON EXで暑さを乗り切りましょう!

ハヤブサ公式「HYOON EX 製品一覧」ページはこちら

 

ぜひ、ショアジギングの参考にしていただけると幸いです。

 

実釣に関する記事はこちらからチェック!

【関西沖堤防ショアジギング実釣レポート】ハヤブサの「ジャックアイマキマキ」のハイアピール巻きが激効き!

ハヤブサ(HYAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! またルアーブランド「FINA」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。