ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

福島健FACTから超こだわりスギのクローワーム「フラップクロー4inch」を紹介【詳細動画配信中】

超こだわり派アングラーとして知られる福島健さん。

現在はエバーグリーンのファクトブランドから、その自身のこだわりを詰め込んだルアーやロッドなどを続々と発表しています。

さてそんな福島健さんのファクトから登場しているのが、フラップクロー4inchです。


4インチ (5本入) 価格 972円(本体価格:900円)

元々、クロー系テキサスをトーナメントの武器として多用していた福島さんが、自分のために開発を進めていたのがフラップクロー!

それではそのフラップクローの特長を紹介させていただきます!

特長1 デカいツメ!!

福島さんがこだわったのが、ツメのボリューム、デカさ! 恐らくボディ本体よりもツメパーツの方がボリューミーなぐらいツメがデカいんですが、福島さんが狙ったのは、ボトムに倒れ込む時の水押しのデカさ!

大きいツメで力強くブワっと倒れ込ませるのが、経験則からくる釣れる秘訣とのこと。ちなみにツメをデカくすることで、キャストの精度UPにも大きく貢献してくれたとのこと。

YouTubrのEverGreen Fishingチャンネルで実釣アクションムービーが配信されているので、ぜひチェック!

特長2 ハリ先を隠せる&フッキングのいい「ヘッド部のもりあがり」

フラップクローのツメの付け根のヘッド部分は盛り上がっているシルエットをしているんだけど、これは福島さんの意図的なデザインによるもの。
盛り上がりをもたせることによって、フックポイントが隠しやすく、そしてフッキング時はフックポイントがでやすくするための工夫とのこと。

 

特長3 ボトムで横に倒れないようになツメのデザイン

ツメを横からみた場合、ボトムとの設置部分が幅広なデザインになっているんですが、これも福島さんのこだわりの部分。

津上のクロー系のテキサスの場合、フックがジャマしてリグがボトムで横を向きやすいようで、そうなるのを防ぐためにツメの形状をデザインしたとのこと。

フラップクローについては、福島さんに直接動画が熱く語っていただいたので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!