ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【夏バス攻略法を大公開】エビを喰うバスにはコレ!浦川正則がエビパターンに効果的なO.S.Pのオススメルアーをご紹介!

寄稿:浦川 正則
夏のバス釣り特集

皆さんこんにちは。浦川 正則です。

7月に入り、バスも夏モードに突入。これからは夏を意識した釣り方が効果的になってきますよね。

そんな、梅雨時期からこれから迎える夏に本格的に威力を発揮するのが、”エビパターン”と呼ばれるエビを捕食しているバスを狙う釣り。

スポーニングで体力の低下した魚にとっては、絶好の捕食対象でエビパターンを絡めた釣りが非常に効果的になってきます。

そこで、今回は例年楽しめるエビパターンでメインに活躍するルアーについてご紹介していきたいと思います!

浦川 正則(Masanori Urakawa) プロフィール

旧吉野川水系をメインフィールドとし、オカッパリ、ボートを問わない自由なスタイルで年間約50本の50アップを仕留めるデカバスハンター。 四国エリアの名だたるアングラーがその実力を認め、ついた呼び名が「師範代」という浦川。 類まれなテクニックでメジャーフィールドを攻略するスーパーマルチアングラー。

 

水面付近で逃げ惑っているエビを捕食している時はフロッグが効果的

まず、主にフィールドで生息しているエビの種類は小型のシラサエビ系か、やや大き目のテナガエビ系がメイン。

狙う場所はアシや水中のオダ。それにテトラにリップラップなど。旧吉野川には狙うストラクチャーが豊富にあるので、エビが潜んでいそうなエリアを丁寧に探っていきます。これだけ豊富にあるストラクチャーを、水位の増減を利用しながら釣っていきます。

水温がまだ高くない6月辺りから7月中旬までは、バスは比較的カバーの直下にサスペンドしていることが多く、特に流れをある程度避けることができ、エビ系がリンクするカバーを好みます。そのようなバスに対して威力を発揮するのが「スピンテールフロッグ」【O.S.P】。

サイズ ウエイト タイプ カラー 本体価格
59.0mm 11.0g フローティング 20色 1,200円(税抜)

O.S.P公式「スピンテールフロッグ」詳細ページはこちら

 

 

フロッグ? と思われた方も居られるとは思いますが、「スピンテールフロッグ」はカエルが多い時だけ有効とは限らず、虫がおぼれている様子や、ボディ後部にブレードが備わっているため、タダ巻きすることでエビや小魚などが逃げ惑っている様子を再現できる非常に万能なルアーなんです。

ですので、発売以来この時期には本当に多様するフロッグの1つでもあります。シャローで追われているエビなどは、軽い飛沫をあげながら逃げるので、「スピンテールフロッグ」はその飛沫を再現するのにピッタリです。

実際エビ絡みの時期は反応はバツグンで、大き過ぎず小さ過ぎないボディーサイズもまた、高いフッキング率を誇ります。ブレードの威力は偉大ですよ!

 

1 / 3
次へ