ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アフタースポーンが求める3つのキーとは?】諸富真二がアフター攻略に繋がる重要な要素をご紹介!

連載:諸富真二のめっちゃ若獅子!!

皆さん、こんにちは! さて、6月に入った琵琶湖の現状ですが、最も多いのは”アフタースポーン回復系”の魚。

数で言うと、南湖の8割程はスポーンを終えたんじゃないかな? と感じています。で、今回ですが、そんなアフタースポーンを探し出す上でキーとなる要素、またはアフターバスの動きについてご紹介していきます。

諸富真二(Morotomi Shinji) プロフィール

1990年3月生まれ、滋賀在住。シャロー&カバーゲームを得意とし、独自の観点から生まれたアプローチを駆使してデカバスと渡り合う、「琵琶湖の若獅子」。新進気鋭のフルタイムプロガイド。

 

アフタースポーンが求める3つの絶対的なキーとは?

アフタースポーンを攻略するにあたって3つの重要なキーポイントが存在します。

それは…、

①エビモやフサモの”縦スト”がある事!

②アフターバスは流れを求めだす!

③ベイトフィッシュがいるエリア

 

3つの要素について解説

産卵後、スポーニングエリア周辺で身体を休めていた雌バスもある程度、復活し始めてきて強い流れに移動します。

そう、この季節は産卵から回復したことで、積極的にエサを追い始めます。ベイトが少ないエリアでは、釣れたとしても単発になることが多く、6月の琵琶湖のバスは「エサ喰いてぇ〜!」という状態。

今挙げた3つの要素を満たす場所であれば、高確率で魚に触れることができると思いますので、ぜひ試してみてくださいね!

 

2DAYトーナメント「BAIT」で3位に入賞

つい先日行われた2DAYトーナメント「BAIT」では、下物浚渫で先ほど述べた釣り方で3位に入賞することができました!!

 

そして、シャロー寄りでは水面までウィードが生えてきており、先日はアカシブランドの代表の明石さんと釣りデート💓

 

色々試し、今年初トップでドン! ルアーはノリーズのプロトタイプのトップウォーターなので、モザイクですがスインマセン。

 

あと少しすれば沖のウィードも増えてくると思うので、そうなるとまた違った展開が期待できると思いますよ〜それでは!

 

WEB連載 諸富真二のめっちゃ若獅子!! は隔週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい