ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ラバージグでロックフィッシュ。根掛かりしにくいギミック多数「ロックフィッシュラバージグ」。

これからの季節、アツくなってくる釣りモノの1つがロックフィッシュゲーム。

定番のジグヘッドやテキサスリグ、フリーリグやメタルジグなどなど…いろんな狙い方ができる人気の釣り。

というわけで今回は、長崎発の注目のブランド「アゴプロダクツ」(通称アゴプロ!)のロックフィッシュアイテムに注目。

 

VIDRO-ism Rockfish Rubber Jig【アゴプロダクツ】

対ロックフィッシュ用の根掛かりしにくい「ロックフィッシュラバージグ」。

実は、2016年のメーカーの設立以前から開発が進んでいた、超釣り好きの代表入江さんの渾身作にして、アゴプロが手掛けたプロダクトの第一号。

最大の特長はやはり「根掛かりのしにくさ」。

ラインアイを鼻先に配することですり抜け力アップ。

そして、座りのいいスイングベリーに加え、オフセットフックがフリー状態でセッティングされていてスタックを最大限回避してくれる仕様に。

フックは交換可能なので、針先が甘くなったら交換できるというのも嬉しいポイント。

 

ラインナップ

 

サイズはオカッパリでの使用を前提に7g・11g・14gの3パターン。

カラーは写真左から…スキッドグロー、クロウレッド、ゴビーブラウン、サーディンブルーの4色の展開。

 

オフショアで使用する場合は…

ちなみにオフショアで使用する場合は、バレットシンカー(テキサスシンカー)をラバージグの前にフリーで通してウエイトを重くするとメチャメチャ使いやすくなるとのこと。

ウェイトが分散されて根掛かりしづらくなり、さらにシンカーのカチカチ系の干渉音でアピール力もUP。オフショア用で大きなサイズを作っていないのは“あえて”なんだそうですよ。

 

ハタ・カサゴ・アイナメ・ソイなどのロックフィッシュをはじめ、ヒラメ・マゴチといったフラットフィッシュにも効果バツグンのロックフィッシュラバージグ。

これからのハイシーズンにぜひ!