ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

カバーに入れてフルフッキング!レイドジャパン”オニちゃん”こと山本訓弘のカバー攻め!

寄稿:山本 訓弘(オニちゃん)

はいーっ!!どーもっ!!こんにちはー!!

ため池の事ならなんでもお任せ。オニちゃんこと、山本訓弘です。

そろそろ、梅雨ですよねー。

そろそろ、夏ですよねー。

そろそろ、フルフッキングしたいですよねー。

自分は年中フルフッキングしたい派なんですが…、フルフッキングといえばカバーの釣り!

そろそろカバーの釣りが楽しくなって来る時期なので、今回はカバーの釣りを紹介いたします!

山本訓弘(オニちゃん) (Yamamoto Norihiro ) プロフィール

生まれも育ちも兵庫県の淡路島で、生粋のMr. アワジシマン「オニオン山本」、通称・オニちゃんこと、山本訓弘。レイドジャパンプロスタッフ。 タックル開発など多忙を極めながらも現場大好き! 東奔西走、週末になれば地元の淡路島(野池時々、海)を体育会系なノリで駆け回る日々を送る元野球人。野池、河川、リザーバー、陸っぱりもボートも、バスもソルトもこよなく愛する、重度の釣り好き。ちなみに虫や魚は大好きだが、カエルは見るのも耐えられないほど苦手。

 

なぜ夏はカバーなのか

なぜ、カバーの釣りが良くなるかと言うと、気温が上がってくると池周りの木々がどんどん成長してきます。そうするとシェードができて、バスが涼みに入って来やすくなります。

また、徐々に減水傾向にあるので、水質が悪くなりやすく、よりバスがカバーに集まりやすくなる条件が多くなってくる。

となると…もう、カバーを攻めて攻略するしかないですよねっ!!

 

2種類のカバーを釣り分ける!

カバーと言っても大まかに分けて2種類あって、まずはヘビーカバーから。

 

ヘビーカバー

濃いオーバーハングやレイダウンなど、強いタックルでないとバスをキャッチしづらいカバーの事をいいます。

 

このヘビーカバーを攻めるのに1番よく使うルアーが「バトルホッグ3.8inch」のビフテキ5g。

 

使っているタックルはこんな感じ!

●ROD:RAID JAPAN/グラディエーターアンチ GA-74XHC ディフューザー

●REEL:アブガルシア/レボSX

●LINE:シーガー/フロロリミテッドハード20lb

●シンカー:リューギ/ブラックビーンズTG5g

●フック:リューギ/インフィニ3/0

 

では、使い方について。まずは、とにかく濃いカバーに打ち込む!で…

着水したらボトムまでしっかり落として着底してから3秒は絶対待つというのがキモ。

そしたらポンポンっと2回ほど跳ね上げ、またボトムに3秒ほど置いてあげる。

そしたらスーッとラインが走って、フルフッキングっ!と言うような釣り方です!!

この釣り方でなぜ、バトルホッグ3.8inchがいいかと言うと、一番はルアーの波動とシルエットのギャップ

どう言うことかと言うと、バトルホッグ3.8inchは波動が5inch級。でもシルエットは3.8inch。

バスが5inch相当のルアーが来たと思って見に行ったら、3.8inchで食べれそう!じゃあ食べちゃえっ!!みたいな感じで、あっさり食ってくる事が多いです。

こう言うギャップのあるルアーは、賢いバスを釣るには必要不可欠。バトルホッグ3.8inchは絶対に使って欲しいルアーの1つです。

 

ライトカバー

もう1つのカバーがライトカバー!

ライトカバーはパラパラ生えてきだしたヒシモや、ちょっとしたオーバーハングや沈み枝の濃すぎないカバーのこと。

このライトカバーを攻めるのは「フルスイング4inch」のウエイテッドリグのカーブフォール!これが効きます。

 

使っているタックルはこちら!

●ROD:RAID JAPAN/グラディエーターアンチ GA-72XHC キングヘビー

●REEL:アブガルシア/レボロケット

●LINE:シーガー/フロロリミテッド25lb

●フック:リューギ/ウエイテッドピアス4/0

ちなみに、ロッドはレイドジャパン2020年のNEWアイテム「GA-72XHC キングヘビー」!“強くて曲がる独特なブランクス”が特長のヘビーバーサタイルロッドです!

【THE BISHOP ビショップ/King Heavy キングヘビー】レイドジャパン2020年注目のNEWロッド2機種をガッツリ深堀る。

 

使い方は、着水からラインにテンションをかけて、カーブフォール。ボトムに着いたらフルスイングが姿勢を崩すか崩さないかくらいのスピードでハンドルを7巻ほどします。そしたら、またカーブフォールさせて…の繰り返し。

巻き上げて、気づかせて、追わせて、フォールで食わせるイメージです。

このセッティングだと、フォールでもしっかり動いてくれるので、フォールでバイトに持ち込める事がめちゃくちゃ多いです。

ヒシモの隙間をカーブフォールで通したり、オーバーハングの下に入れて、カーブフォールで狙うとバイトがあったり、効率よくバイトが得れます。

 

この2つのルアーを「カバーの濃さ別で使い分ける」と釣果アップにつながること間違いないので是非参考に!

カバーゲームでフルフッキング!バシッとキマればこの上なし!

さぁさぁ、これからがチャンスですからねー!!

以上っ! 淡路島よりオニちゃんこと山本訓弘がお伝えしました~!

レイドジャパン(RAID JAPAN)

2011年設立、岡山県を拠点とするタックルメーカー。 ロッド「グラディエーター」シリーズをはじめ、各種バスルアーを輩出。 代表はカリスマアングラーとして知られる金森隆志氏。 「常に釣り人であれ。」という観念のもと、岸釣りのレベルとステイタスを押し上げるべく、現場主体で日々開発・研究を重ねている。