ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ポケットに収まる究極の収納性!VERSUSのVS-355シリーズ

突然ですが、自分が釣りに使うバッグの重さを計ったことはありますか?

ズッシリと肩にのしかかる重み、バッグを背負っての長時間の釣行は疲労感も増してしまいます。

しかし、実はその重みの原因になる釣り具のほとんど、使われていないルアーやシンカーということにお気づきですか?

今回は荷物を軽くする明邦化学工業・VERSUSのVS-355シリーズをご紹介します!

荷物は必要最低限にする意識改革!

まず、釣行に何でもかんでも持っていこうとすることをやめましょう。

釣具屋などで買ったシンカー、すべてケースにしまっていませんか?一度の釣行にそのシンカーの数は必要ですか?

チリも積もればという言葉があるように、小さなシンカーでもたくさん持っていけばそれだけで重みが増してしまいます。

多くのアングラーがシンカーやフック、ジグヘッドなどを入れるケースを持っているかと思います。

まずは普段、釣りにもっていくケースを見直しましょう。

使わないシンカーのサイズや過剰な数のフックなどを整理すればそれだけでかなり軽くなります!

釣行用のケースと補充用のケースの使い分け!

釣行用と補充用のケースを分けることをお勧めします!

その釣行にあわせて、釣行用には必要最低限を入れて使用すれば、使わないシンカーなどの保管にも困りません。

補充用と使い分けることで、不足したシンカーなども把握でき、買い物に無駄がなくなるメリットもあります!

ポケットに収納できるVS-355シリーズがオススメ!

さて、VS-355シリーズ。なんといっても一番の魅力はパンツのポケットにも入るコンパクトさと収納性です!

両面に開くので、スペースに無駄がなく、シンカーやフックなどを簡単に収納が可能!

また小分けのポケット一つ一つに対してフタがついているので、万が一ケースを落としてしまっても中身がすべて飛び散るといった心配もありません。

小さく感じるかもしれませんが、一日の釣行でこのケースに入り切るくらいがちょうどよい容量です!

厚みの薄いVS-355SS

厚さは20mmとかなり薄く、シャツの胸ポケットなどにも十分収納ができる大きさになります。

フックやスイベル・スナップなどの薄い小物や小型のシンカーの収納に最適です。

一番大きなポケットは38mmの横幅があるのでオフセット系のフックにも対応しています!

サイズは97×64×20mm、両面に5ポケットずつあります!

【公式製品ページは→コチラ

万能に収納可能なVS-355SD

VS-355SSに比べ厚みが25mmとなり、収納幅も広がったサイズです!

ジグヘッドなどやテキサス用シンカーなど厚みがあるものにも十分に収納が可能になりました。

厚みが増したといっても5mmなので、ポケットにもしっかり収まるケースになります。

サイズは97×64×25mm、両面に5ポケットずつあります!

すぐ取り出せて、すぐしまえる万能ケース

いかがでした?

今回紹介したバーサスVS-355シリーズはポケットにも入るコンパクトサイズなので、陸っぱりでランガンする方にもオススメです!

またポケットに入れてしまえば、よく使うフックなど素早く取り出せるので、非常に重宝します!

ぜひ使ってみてください!

明邦化学工業 MEIHO

明邦化学工業は1947年(昭和22年)創業、大阪市に本社を置くプラスチックボックスやケースなど、色んな収納アイテムの企画製造販売を行っているメーカー。取り扱っているアイテムは、タックルボックス・工具箱、カー用品・救急箱・ピルケース、クラフトケース・各種スプレー・各種ケミカル商品など。 主に「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」「GeneralMEIHO」の3ブランドを展開。「FishingMEIHO」「FishingVERSUS」の2つは釣り専門ブランドでバケットマウスシリーズやランガンシステムボックスシリーズなどが人気!