ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【バス釣りルアーの使い方】ワーミング前編【琵琶湖-春夏対応=解説=平村尚也、荻野貴生、小池貴幸】

解説=小池 貴幸  Takayuki Koike

1985年11月生まれ、長野出身、滋賀在住。ミックバスクラブを拠点に、広大な琵琶湖全湖や霞ケ浦水系で、得意とするパワー&フィネススタイルを駆使してバイトを引きだすテクニシャン系プロガイド。スポンサーは、ゲーリーインターナショナル、ダイワ。トップ50プロ。

●琵琶湖ガイド情報●
Cike-guide service=ガイド受付☎077-579-0570(ミックバスクラブ)
出船マリーナ:ミックバスクラブ(大津市苗鹿3ー227)
ガイドエリア:全域
ブログ:http://ameblo.jp/cike-guide/
使用ボート…ストラトスエリート202
遊漁船登録番号:滋賀第94号

釣行に役立つオススメ情報サイト=「ミックバスクラブホームページ」。放水量、天候、各ガイドの釣果ブログ一発表示!
琵琶湖オススメランチどころ=和創遵や。比叡山坂本駅のそば。マリーナに戻り車でのアクセス。店主が創るカレーランチセット1本!

パターン解説

春から初夏にかけて広大なウイードエリアを高速サーチできるのがキャロ

春から初夏にかけて、ウイードの発育とバスの産卵行動がリンクしていきますが、その際に広大なウィードエリアを誰でも簡単かつ、素早くサーチできるのがキャロライナリグです。

ゲーリーのDDシャッドとスイムセンコーのキャロ

キャロの使い方ですが、まずは巻いて使います。TXマキマキやスイムジグなどと同じで、キャロだって巻いて使います!
この時のキモはシンカーでウイードを感じ続けることと、ノーマルギヤのリール(6.3:1など)を使って巻くことです。

ウイードはソフトなマテリアルのストラクチャーなので、あまりロッドをアオったりせず、リールの回転だけでウイードを外すとよりグッドです。ちなみにロッドをアオるのは最終手段だと思ってください。もしキャロを巻いても反応がない場合、今度は止める使い方を試してください。巻きはリールでのアクションに対して今度は完全にロッドのみでアクションを行います。コツはウイードをシンカーで感じながらロッドストローク分だけ動かすこと。

この時、よーく引っ掛かるウイードからシンカーが外れた後は、必ず止めてください。そうすると、あとから遅れてウイードにノーシンカー状態になったルアーが漂っていき、バスに口を使わせてくれるんです!

 

シチュエーション解説

①DDDシャッドのキャロを使うシチュエーションは?
ロッドアクションで誘うキャロの際にはDDDシャッドをセレクト。エビモなどの高さのあるウイード周りや、浚渫のエッジ周りなど、ココゾという場所がある時に有効。そしてシンカーを弾くようにロッドを動かすと、よりトリッキーに動かすことができます。

②スイムセンコーのキャロを使うシチュエーションは?
ウイードフラットなど、広範囲にもしくはチャンネルラインエッジなどを巻きながら誘う際にセレクト。ウイードの上にベイトやギルの反応が多い場所が、ざっくりと分かった時に投げてみてください

ベストマッチルアーはコレ!
ゲーリー・DDDシャッドとゲーリー・スイムセンコーのキャロ

DDDシャッド(ゲーリー・インターナショナル)のキャロ

琵琶湖バスが食べやすい大きさで、春から初夏に縦系ウイードにサスペンドしがちなメスのデカバスにトリッキーなアクションでリアクションバイトさせることと、フリーフォールで食わせる2パターンの使い方ができます。
※キャロのセッティング…シンカーはスゴイシンカー8g(ゲーリーインターナショナル)、スイベル+キャロクッション、フックはノガレス・リングオフセット(スイベル切断)♯3/0(モーリス)、リーダーの長さは60cm

DDD-SHAD (トリプルディーシャッド)
ベイトフィッシュの泳ぎ、習性的なリアルな動きを完全再現した新しいシャッドワームの登場です。
DDD-SHADはボディ上部にノンソルティ素材を、下部にソルティ素材を使用しているため、これまでにない安定したパーフェクトなスイムバランスを実現してくれます。さらに、3Dカットされたテールは、小魚に近いリアルな波動を生み出し、これまでのシャッド系ワームとは明らかに一線を画するアクションを演出できます。
それによってベイトフィッシュへの反応と同様の捕食本能を刺激することを可能にしました。

出典:ゲーリー・インターナショナル

スイムセンコー4inch&5inch(ゲーリー・インターナショナル)のキャロ
4&5inchスイムセンコーは、ハイピッチでネジれながらのテールアクションが、ギルの水押しとよく似ています。また強すぎないアクションのため、極端に濁っていない限り、どんなシチュエーションでも使うことができます
※キャロのセッティング…※シンカーはスゴイシンカー6g(ゲーリーインターナショナル)、スイベル+キャロクッションをセット、フックはリミット♯3/0(リューギ)、リーダーの長さは60cm

SWIMSENKO (スイムセンコー)
ベイトフィッシュライクなバイブレーションを生み出すYamasenkoのボディに、力強い波動を起こすキックテール。
この二つを組み合わせるという画期的なアイデアにより、あらゆるポジションのバスにアプローチできます。
全長に対してやや細身とも思えるそのボディは、フォーリング時はYamasenko特有の微動を発しナチュラルにバスの
食性にうったえ、リーリング時にはボディのやや後方にあるくびれがキックテールの起こす波動を増幅させ、その存在を大きくアピールします。
特筆すべきはボディ全体が回りそうで回らない、今までになかったローリングアクション。このローリングアクションは
ボディ後方のフラットサイド面により、テールとは異なる波動をさらに生み出します。

出典:ゲーリー・インターナショナル

 

小池 貴幸のワーミング使用タックル

■使用タックル…●DDDシャッドのキャロ用(リーダー約60cm)…16スティーズ721MH/HRBトップガン(ダイワ)+ジリオンSVTW7.1:1(ダイワ)+スティーズライン14Lb(ダイワ)
●スイムセンコーのキャロ用(リーダー約60cm)…スティーズ721HFBウェルズリー(ダイワ)+ジリオンSVTW6.3:1(ダイワ)+スティーズライン14Lb(ダイワ)

3 / 3
前へ