ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【根掛からずフックは常に上向き】アピアの「CHINUPARA DODGE(チヌパラドッヂ)」を是非シーズン中のチヌゲームに!

今シーズンを迎えているルアージャンル、”チニング”。

ショアから手軽に狙うことができて、掛かればドラグが鳴りっぱなしで迫力満点! でも、チニングってボトムをトレースさせることが難しいって方も多いのでは?

そこで、今回ご紹介するのは、ボトムをサーチしやすいアピアのチヌ用ルアー。

 

CHINUPARA DODGE(チヌパラドッヂ)【アピア】

それがこちらの「CHINUPARA DODGE(チヌパラドッヂ)」。

全長 重量 本体価格
53mm 5g / 7g / 10g ¥790(税別)

アピア公式「CHINUPARA DODGE(チヌパラドッヂ)」詳細ページはこちら

 

CHINUPARA DODGE(チヌパラドッヂ)は2014年に登場したルアーなんですが、カラーなどが見直され、2019年の7月にリニューアルされました。

コーンやスイカなど、とにかくクロダイは何でも食べるということから、遊び心のあるカラーを取り入れた新しいカラーが追加されました。

 

低重心ウエイトの「起き上がりこぼし」システムでフックは常に上向き

では、特長について紹介していきます。

CHINUPARA DODGE(チヌパラドッヂ)」には「起き上がりこぼし」システムという超低重心のウエイトバランスが採用されていて、鉛でできたヘッドの周りには樹脂をコーティング。

そうすることで、ボトムでは常にフックが上を向きながら安定した姿勢をキープし、スナッグレス性とフッキング率は抜群。

また、ヘッドが樹脂でコーティングされているもう1つの理由は、比重の違う素材を組み合わすことで、流れを受けた際にリグ本体が左右に揺れると同時にラバーが踊り、1か所で止めて誘うことができるから。

これはストラクチャー付近に潜むチヌの攻略に効果的で、水温低下による低活性時でも有効とのこと。また、ヘッドの底面がフラットになっている為、フォール速度もスローで、上から落ちてくるものに興味を示すチヌに対し、理にかなった形状になっています。

 

ラバーに関しては、細身の0.3mmのモノを使用しているので、誘い効果も抜群! ヘッド単体でも使用可能ですが、チヌ用のワームをつけるのも効果的とのこと。

 

カラーバリエーション

カラーは全部で8色となっております。

 

01 イガイ

 

02 アサリ

 

03 ナスビ

 

04 テントウムシ

 

05 ミツバチ

 

06 アマガエル

 

07 スマイルコーン

 

08 アワビ

出典:アピア公式「CHINUPARA DODGE(チヌパラドッヂ)」詳細ページ

 

ぜひ、今が旬のチニングにCHINUPARA DODGE(チヌパラドッヂ)をチョイスしてみてはいかがでしょうか?