ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【THE BISHOP ビショップ/King Heavy キングヘビー】レイドジャパン2020年注目のNEWロッド2機種をガッツリ深堀る。

GLADIATOR Anti GA-72HC【King Heavy】

続いては、GLADIATOR Antiシリーズに追加されるGA-72HC 【King Heavy】

●ITEM:GLADIATOR Anti GA-72HC 【King Heavy】
●パワー:ヘビー
●適合ルアー:3/8~1・1/2oz.
●適合ライン:12~20lb.
●自重:128g
●GRIP長さ:260mm ※リールシート後部からエンドまで

 

特長はこんな感じ

ヘビーバーサタイルロッド・キングヘビー。

従来ヘビークラスのロッドにありがちな”硬くて曲がらないブランクス”ではなく、“強くて曲がる独特なブランクス”は、これ一本で今まで以上に幅広いパワーフィッシングに対応。

従来のヘビーロッドでは扱いにくかった軽めのシンカーや小型のワームを使用した際にも、荷重に対しフレキシブルに追従するブランクス性能のお陰で“投げやすく”“扱いやすい”というストレスフリーなロッド。

ピッチングやサイドキャストなどのショートディスタンスの釣りはもちろん、7’2”というレングスの性能を最大限生かしたロングディスタンスの釣りにおいても、抜群の扱いやすさを持ち合わせているとのこと。

扱いやすさの理由は、GLADIATOR Antiシリーズでは初採用となる新たなカーボンマテリアルに、ブランクスの性能を最大限生かす為のハーフ研磨が採用されているため。なので、シャープなのにトルクフル、トルクフルでいてシャープなブランクスという仕上がりに。

つまり、対カバー用ワーミングロッドとしてだけではなく、オープンエリアでロングキャストした先で操作性が求められるヘビーキャロライナリグや高比重ワームのロングディスタンスゲームなどのワーミング、はたまた重量級のムービングベイトや引き抵抗の強いマキモノにも対応する、これぞ“ヘビーバーサタイル”な1本になったわけです。

 

どんなルアーが使えるの?

ヘビーパワーバーサタイルな「キングヘビー」。どんなルアーが使えるの?RAIDのルアーやワームではどんなモノに対応しているの?…そんな疑問を、RAID JAPANのロッド開発に携わる岡さんに聞いてみました。

 

レベルスピン1/2oz.+フルスイング4inch

ダッジ

デカダッジ

ギルロイドJr.

バギークロー(バックスライドセッティング)

バトルホッグ3.8inch&4.4inch、エグチャンク3.5inch&4inch、ビッグ2WAY、マグナム2WAY(テキサスリグ・リーダーレスダウンショットリグ・フリーリグ、RYUGIフットボールヘッド/シンカーウエイト5g~14g前後)

バトルホッグ3.3inch&3.8inch、ファットウィップ3inch(ヘビーキャロライナリグ/シンカーウエイト14g~21g前後)

・マスタージグ(7g~18g)

・ヘッドスライド+フルスイング4inch or 5inch

※写真は以前岡さんがInstagramにポストしていた写真をお借りしました。

ワーミングの釣りでシンカーウエイトをワンランク軽くしても軽快な操作性を得られる上、ウエイト表記はMAX1・1/2oz.にはなっていますが、上限としては2oz.クラスのデカダッジクラスまで使えるとのこと。

とにかくパワー系フィッシングに幅広く対応してくれるのが、この「キングヘビー」の特長と言えそうですね。

金森さんはマグナム2WAYのフットボールヘッドで

シャローカバーフィッシングが得意な岡さんはカバージグにも愛用

ロコアングラーのカンタ君はデカダッジに使用。ウエイト表記のは1・1/2oz.にはなっていますが、上限としては2oz.クラスのデカダッジクラスまで使えるとのこと

GLADIATOR MAXIMUM GX-67MHC-ST 【THE BISHOP】、GLADIATOR Anti GA-72HC 【King Heavy】の2機種は、2020年6月12日に店頭に並ぶとのこと。

ヘビーバーサタイルと、対近距離戦に特化した撃ち物スペシャリティー。

いずれも、これまでのラインナップにはなかった個性的なシリーズであることは間違いなし。

今まで獲ることができなかった魚を…ぜひ。

2 / 2
前へ